SEO以外にも最適化が欠かせない?LPO、EFOとは

SEO以外にも最適化が欠かせない?LPO、EFOとは - Truestar Consulting Group

SEO以外にも最適化が欠かせない?LPO、EFOとは

SEO対策はインバウンドマーケティングにおける代表的な施策の内の一つですが、それ以外にも様々な施策が存在します。以前MEO(記事はコチラ)について取り上げましたが、それ以外にも取るべきデジタルの施策は数多く存在します。本記事ではWeb広告運営にあたり、意外と見落とされているかもしれないLPO、EFOについての解説を行い、その必要性についても考えていきたいと思います。

 

CRO

LPOやEFOについて触れる前にCRO(Conversion Rate Optimiation)について触れておきたいと思います。CROとは「コンバージョン率最適化」を指します。コンバージョン率とは大まかに言うとWebページにおける目標達成の度合いを測る指数となっており、コンバージョン数(CV)/ページの訪問者数で求めることができます。コンバージョンはWebページによって異なりますが、商品の実際の購入やイベントの申し込みなどがこれにあたります。

このコンバージョン率を上げるためにCROが行われ、LPO対策やEFO対策などはCROにおいて欠かせない施策でしょう。

ECサイトにおけるCRO(カゴ落ち防止策)に関する記事はコチラ

 

LPO

LPOとはLanding Page Opitimizationの略で、「ランディングページ最適化」を指します。Web広告においてユーザーが最初に訪れるランディングページ(LP)ですが、このページをよりCVに繋がるよう改善させるのがLPOです。

リスティング広告などをクリックしてランディングページを訪れたユーザーの内、全員が実際に製品・サービスを購入したり来店予約をしてくれたりするとは限りません。そのコンバージョン率を高めるためにはUI改善などを通し魅力的なランディングページを作ることが効果的でしょう。

特に、ユーザーの求める情報が分かりやすく掲載されていなければユーザーはそのページから離れてしまうでしょう。詳細を知りたくて広告をクリックしたにも関わらず、スムーズに情報にアクセスできなければ離脱の要因になりうるでしょう。具体的な改善策としては、コンテンツによりますが情報を文字ベースから画像ベースに変更するなどし一目で内容を伝えられるよう取り組むのも手かもしれません。また、これらをA/Bテストなどを通じ効果測定を重ねることで、より効果的なランディングページを作成することができるでしょう。

 

EFO

EFOはLPOと混同されがちですが、Entry Form Optimizationつまり入力フォーム最適化もCROにおいて欠かせないでしょう。その名の通りWebサイトにおける入力フォームの最適化を指し、予約ページ、会員登録ページ、問い合わせページなどがここには含まれます。

ランディングページも重要ですが、実際のコンバージョンまであと一歩というところで離脱してしまうユーザーも少なくはありません。実際にオンライン上で買い物をする際に、会員登録ページが複雑でモチベーションがそがれたという経験を持つ人もいるかもしれません。ユーザーがなるべくストレスを感じないよう改善することがEFOには求められます。

具体的な策としては必要な入力欄を減らしたりすることが挙げられる他、大きく分かりやすく表示させるなども効果的でしょう。また、適宜自動入力機能を導入するなどしてストレスを軽減させることも可能でしょう。その他にも、途中で一時離脱しても問題がないよう、cookieを用いて入力情報を記憶させるシステムを導入するのも良いかもしれません。

 

 

まとめ

Webマーケティングと言うとやはりSEO対策などがまず思い浮かびますが、実際のCVRを上げるにはCROが重要でしょう。Web広告の運営において、広告→ランディングページ→入力フォーム→コンバージョン(購入、申し込み等)の流れがやはり一般的であるため、LPO対策とEFO対策は欠かせないでしょう。広告自体に手間暇をかけるだけでなく、ランディングページと入力フォームも今一度見直してみてはいかがでしょうか。