近年増加するBtoB企業のテレビCM、効果はあるのか?

近年増加するBtoB企業のテレビCM、効果はあるのか? - Truestar Consulting Group

近年増加するBtoB企業のテレビCM、効果はあるのか?

以前と比べ、BtoB企業のテレビCMを目にする機会が増えたと思わないでしょうか?企業向けであるため個人が視聴するテレビになぜ決してコストもかかるだろう広告を流すのかと考える人も少なくないと思います。本記事ではそのようなBtoBのテレビCMがなぜ近年増加しているのか、またどのようなメリット・デメリットがあるのか考えていきたいと思います。

 

BtoB企業がテレビCMを流す理由(メリット)

知名度向上

やはりテレビCMの一番のメリットはその視聴者数にあり、知名度向上には非常に効果的です。特に、近年企業向けサービスなどは一定の領域によっては飽和状態にあり、顧客の取り合いになっていると言っても過言ではありません。そのため、BtoB企業は顧客に選んでもらう存在になる必要があり、そのためには認知度及びブランド力の向上が欠かせません。一定のサービスを想像したときにやはり「一番最初に思い浮かぶブランド」になることが選んでもらう際の決め手となるため、オーディエンスの多いメディアへの出稿は非常に効果的でしょう。

個人へのアプローチ

これまでBtoB企業は顧客である企業に対して営業をかけていましたが、近年の動向は少し変化しています。というのも、結局企業向けサービス導入の検討をするのは経営層またはその領域担当者であり、その層へのアプローチが注目されています。また、そう考えたときテレビはメディア媒体として最適であることが分かります。なぜならテレビの視聴者層は比較的年配層が多く、経営者などの意思決定層と年代が被る部分があるからです。つまり、BtoB製品のテレビCMは幅広いオーディエンスに情報を届けつつターゲットとする意思決定層へのアプローチにも効果的と言えます。

 

BtoBテレビCMを流す際の留意点

そのようなメリットがある一方で、デメリットも存在し留意するべき点もいくつかあります。まず、コストです。やはりテレビCMを出稿するには莫大な予算がかかり、ブランド力を高めるためにタレントを起用するとなれば更に出費がかさみます。そのため、当たり前ですがなるべく効果的なCMを作成することが求められます。

効果的なCM作成に繋がりますが、ターゲットを意識する必要があるでしょう。そのため、中身のメッセージに限らず、放映するチャンネルや時間帯を気にする必要があります。例えば、平日の昼間には流さないなど、働く人に届くよう時間設定を行うことが効果的、また効率的でしょう。

 

まとめ

近年よく目にするBtoB企業のテレビCMですが、競争の激化やマーケティングのトレンド的変化によって増加していると考えられます。特に、ターゲティングという目線で見たとき、現代のBtoB企業にとってテレビは非常に魅力的なメディア媒体だと言えます。しかし、ただテレビCMを放映すれば良いという訳ではなく、その中でも具体的なターゲットを思い浮かべ狙い撃ちを考えることも重要でしょう。自社がBtoB企業だからと言ってテレビへの出稿を自然と選択肢から除外していたマーケターの方は是非今一度コストなどと照らし合わせて考えてみてはどうでしょうか。

 

参考:

Bigbeat “TV Commercials: How B2B brands can take advantage of above-the-line promotion as a marketing strategy?