求められるMEO対策、SEO対策だけでは不十分か

求められるMEO対策、SEO対策だけでは不十分か - Truestar Consulting Group

求められるMEO対策、SEO対策だけでは不十分か

近年SEO(検索エンジン最適化)対策に続きMEO(map engine optimization)対策への関心も高まっています。SEOでは自社情報を検索エンジンで上位に表示させることが目的である一方で、MEOでは自社情報をマップ上(主にGoogle Map)に表示されやすくする取り組みを行います。本記事ではMEOとは何か、なぜ重要か、またその仕組みと大まかな効果の高め方について考えていきたいと思います。

 

MEO対策とは

MEO対策とは前述の通りMap Engine Optimizationの略で、地図エンジン最適化を意味します。関連するワードをGoogle Mapをはじめとした地図検索エンジンで検索したときに自社が上位に表示されるようにする取り組みです。例えば、「恵比寿 喫茶店」とGoogle Mapで検索した際、恵比寿周辺の全ての喫茶店が地図上に表示される訳でなくMEO対策がうまく行われている店舗が表示されます。つまり、MEO対策を行うことで認知度を高めることができる他、より多くの集客が見込めます。また、うまくいくと地図検索エンジンのみならず一般の検索エンジンにも表示され、より多くの人の目に入るようになります。

メリット

MEO対策のメリットとしては、SEOよりも直接的に購買に繋げられる点が挙げられます。喫茶店のケースでもそうですが、実際にその情報を欲しているニーズのある人が地図で検索を行うため、上位に表示されることで信頼性も相まって来店に繋げることができます。SEOの場合、実際に製品やサービスを購入してもらうまでにはいくつかのステップが存在しますが、MEOの多くの場合では直接購買に繋げることが可能になります。

また、MEOをうまく行うと位置情報やレビューごと一般の検索エンジンにおける検索上位に表示されるようになり、SEO対策を行ったページ以上に検索者に情報を届けることが可能になります。更に、後にも述べますがSEO対策と比べても比較的コストも抑えられ効果が出るまでの期間が短いことも特徴と言えます。

サイト流入、SEOに関する記事はコチラ

 

仕組みと効果の高め方

MEO対策にはSEO対策同様評価基準があり、その指数が高ければ上位に表示されるような仕組みとなっています。SEO対策と基準となる項目は似た形になっていますが、その設定は主にGoogleマイビジネス内で行います。つまり、SEO対策を行うためには自社ホームページ内の情報を手探りで充実させる必要があるところ、MEO対策の場合にはGoogleマイビジネス内で提示されている項目を埋めていくことで対策ができます。

細かい設定の説明は省略しますが、Googleマイビジネス内で求められる情報は大まかに分けると、その店舗の信頼性と検索ワードとの関連性であると言えます。信頼性に関してはNAP情報(Name: 店舗名、Address: 住所、Phone: 電話番号)などの最低限の情報に加え、リンクの数やリンクの関連性が求められます。また、検索ワードとの関連性に関しては、リスティング広告を作成する際と同じような形で検索キーワードを設定することが可能なため、関連性が高いと思うキーワードを複数登録することが大切です。

 

しかし、自分たちで対策ができない項目基準も存在します。それは店舗に対する口コミの数と質、またインターネット上でその店舗について語られている数になります。これらに関しては地道にブランド力を高めていく必要があると言え、はじめの段階ではそのときにできることにまず注力することが大切でしょう。

 

まとめ

MEO対策はSEO対策よりも比較的手軽に行うことができ、競合と一気に差をつけることができる一つの手段です。特に、人が地図上で検索をかける際には既に一定のニーズを持っていることが多いため、検索上位に表示させることで直接的な購買行動に結びつけることが可能になります。また、MEO対策は飲食店などをはじめとした顧客が地図上で検索するような業種に求められるため、あまり関係のない企業も存在すると思います。しかし、対策を行うことで会社の信憑性も上がり、より人の目に入ることにもなるため一度考えてみてはいかがでしょうか。