愛されるブランドにはブランドパーソナリティが欠かせない?

愛されるブランドにはブランドパーソナリティが欠かせない? - Truestar Consulting Group

愛されるブランドにはブランドパーソナリティが欠かせない?

ブランドを運営する際、企業はブランドロゴやカラーに凝ったりメッセージを発信したりしてイメージを構築していきます。これは目に見える取り組みを通して顧客に一定のブランドイメージを持ってもらうことが目標であり、非常に重要なことです。ただ、それはブランドアイデンティティの構築でありブランドパーソナリティの構築とは異なります。本記事ではブランドアイデンティティ同様、愛されるブランドに欠かせないブランドパーソナリティについて取り上げ、その効果について考えていきたいと思います。

関連記事:今どの会社にもブランドパーパスが必要な訳

 

ブランドパーソナリティとは

ブランドパーソナリティとは目に見えるブランドアイデンティティとは異なります。その言葉が示すように、ブランドを人に見立てたときに表れる人格や性格を指し、非常に抽象的な概念と言えます。ブランドごとに個性や魅力が存在し、それに惹かれて消費者は購入に至ります。例えば、同じ車メーカーでもトヨタとホンダでは車に詳しくなくてもどこかイメージの違いを感じるでしょう。また同様に、トヨタとホンダを愛用している人との間でもどこか違いを感じるかもしれません。このように、人は目に見えるブランドアイデンティティに限らず、自分の趣味と照らし合わせたときに見えるブランドの持つ抽象的な魅力に惹かれ購入に至ります。

なぜ重要か

消費者は自分の性格と近い性格を持つブランドを選ぶ傾向にあります。そのため、ブランドパーソナリティを築くことはより顧客の感情に寄り添ったアプローチが可能になります。消費者と近い性格を持つブランドは高いロイヤリティを保持し、より長く使用してもらうことでライフタイムバリュー向上にも繋がるでしょう。

関連記事:

ライフタイムバリューとは?計算方法やLTVを上げる3つの戦略

エモーショナルブランディングに意味はあるか?

ブランドパーソナリティの分類

ブランドには大きく分けて以下5通りのパーソナリティが存在すると言われており、人によって惹かれるパーソナリティは異なります。

刺激的(Excitement):若々しく活発でユニークなイメージを持ち、ITベンチャー企業などに見られます。

誠実(Sincerity):親切で思いやりがあり、優しいイメージを持ちます。

頑丈(Ruggedness):武骨で素朴な印象を持ち、どこか野性的で男性的なイメージを持ちます。

能力のある(Competance):実績を持ち頼りがいがあって責任感のあるイメージを持ちます。

洗練された(Sophistication):エレガントで高級感があり、またおしゃれなイメージを持ちます。

 

実際の企業を見たとき、それぞれの企業は性格を持ち計画的に築き上げられていることが分かります。

例えば、Appleは上記の分類で言うと「Excitement」に分類することができるでしょう。競合と比較しても歴は長くとも革新的な製品を生み出し続け、その製品は常にユニークでスタイリッシュさを兼ね備えています。また、製品に限らず、Webサイトの作りや店舗の見た目もパーソナリティに影響を与えています。これにより、スタイリッシュなユーザーを惹きつけており、Microsoftなどとの差別化も成功しています。

また、シャネルやエルメスをはじめ多くの高級ブランドはやはり「Sophistication」に分類されるでしょう。ただ、この高級感を築き上げるにはそのイメージを崩さないよう多くの注意を払っていると言えます。人でも予想外な一面を見るとその人のイメージが崩れるように、ブランドも性格に合っていない行動を取るとイメージが覆ってしまう恐れがあるため、慎重な判断が求められます。

 

まとめ

ブランドパーソナリティは抽象的な概念ですが、顧客に選ばれ尚且つ愛され続けるブランドであるためには欠かせません。特に、人は自分の性格と似たものを好む傾向にあるため、ブランドの性格をはっきりとさせておくことはターゲティングにもつながり、非常に重要でしょう。

我々TCGでは消費者からのブランドイメージを総合的に把握し戦略構築の支援を行うサービス「NEEL」(詳細リンクはコチラ)の提供を行っています。また各種コンサルティングも行っていますので、是非お気軽にお問い合わせください。

 

参考:

Feedough “What is Brand Personality? Definition & Examples

Investopedia “Brand Personality