Mergers and Acquisitions
ホーム > ビジネス > マーケティング > オンライン・デジタル > M&A(Mergers and Acquisitions)を行う利点とは?

M&A(Mergers and Acquisitions)を行う利点とは?

  • by

SaaS企業とメディア企業間でのM&A(Mergers and Acquisitions)が活発化しています。

2019年に、人気の株取引および投資アプリRobinhoodは、毎日の金融ニュースポッドキャストおよびニュースレターであるメディア会社MarketSnacksを買収しました。

このパートナーシップは両当事者にとって非常に合理的でした。

買収後、MarketSnacksはRobinhoodが保持していた600万人(当時)のユーザーに即座にアクセスでき、コミュニティとより深い関係を築くことに成功しました。

最近では、HubSpot(最近The Hustleを買収)やMailchimp(Courier Mediaを買収)、Shopify Studiosなど、SaaS企業からのメディア活動が急増しています。

歴史的に、メディア業界におけるM&Aは、ウォルトディズニーカンパニーなどのメディアコングロマリットによって支配されていました。

M&Aの主な理由は、リーチの拡大、新しいコンテンツアセットの獲得、そして最終的には、意欲的な広告主を引き付けることでした。

たとえば、Vice MediaRefinery29を買収したとき、ViceはRefinery29の主に若年層の女性オーディエンスを獲得することができました。

メディアの合併と買収は新しいオーディエンス、新しい収入源、新しい広告媒体となり、利点は間違いなく実り多いものです。

 

メディア業界におけるM&Aは新しいことではありませんが、メディアの所有権とアクティベートは今後、SaaSカテゴリによって支配されることは間違いありません。

ソフトウェア会社は、従来のメディアのアプローチの成功を再現し、Slackチャンネル、ポッドキャスト、ブログ、YouTubeチャンネルなど、視聴者とつながるために、できるだけ多くのソーシャルコンテンツとコミュニティを作成また獲得することを優先します。

SaaSの評価が急上昇し、資本へのアクセスがこれまでよりも簡単になったため、SaaS企業はこの利点を利用して「コミュニティ」ストーリーを構築または強化します。

多くのSaaS企業がGoogleとFacebookに依存してオーディエンスにリーチすることは、もはや許容できません。

アルゴリズムへの依存はチャンスを逃すことに拍車をかけています。

オーディエンスへのより直接的なつながりは、顧客獲得の手段として、あるいは、顧客にの声を聴きより良い製品を提供する方法としての期待が含まれるでしょう。

新しいトレンドは、最終的にはメディア企業とSaaS企業の両方にとって有益なものとなるはずです。

現在、メディア企業は魅力的なコンテンツのプッシュに集中できます。

特に、広告収入を得るのが難しい時期に、その背後にあるSaaS企業は、新たなオーディエンスと顧客の理解を深めることができます。

 

 

参考記事:Media: The Next Mergers-And-Acquisitions Craze For SaaS Companies (forbes.com)