その情報フェイクニュースかも?メディア業界が抱える深刻な問題点

その情報「 フェイクニュース 」かも?メディアが抱える深刻な問題 - Truestar Consulting Group

その情報フェイクニュースかも?メディア業界が抱える深刻な問題点

メディア業界は、あなたが想像しているよりもはるかに影響力のある業界です。

ニューヨークタイムズは2020年の3か月間に60万人近くのデジタル加入者を集めました。

しかし、メディア業界では《 フェイクニュース 》や《 情報操作 》など様々な問題が発生しています。

あなたが収集している情報は果たして適切で正しい情報でしょうか?

Malcolm Xが述べた

“The media’s the most powerful entity on earth. They have the power to make the innocent guilty and to make the guilty innocent, and that’s power because they control the minds of the masses.”

つまり「メディアは地球上で最も強力な存在です。メディアには無実を有罪にし、有罪を無実にする力があります。それはメディアが大衆の心を支配しているからです。」

という言葉を念頭にいくつかの問題点を見ていきましょう。

 

メディア業界の問題

 

フェイクニュース

2020年は間違いなく、世界中でフェイクニュースがかなりの割合で公開および共有されており、人々は必要以上に懸念を抱きました。

たとえば、COVID-19の蔓延が確認され始めたころ、人々は情報収集のためにInstagramやFacebook、Twitterなど様々なプラットフォームに群がりました。

これらのプラットフォームでは、憶測によるフェイクニュースが数多く発信されていました。

 

これは、1月から7月の間に出回ったフェイクニュースの数の統計を示すグラフです。

フェイクニュース

同じ懸念がワクチン接種の際にも浮上しています。予防接種の効能を証明する研究があり、人々はワクチンが「感染性の(蔓延を防ぐことができる」という理解の知識を備えていますが、一方で副作用などに関する憶測での情報によりワクチンを拒否する人々の数は増加しています。

フェイクニュースの蔓延により、不正確、不明瞭な情報で自分の考えを裏付なければなりません。

 

このような状況はニュースサイトにおいても蔓延しています。

誇大タイトルがつけられた記事を全体ではなく見出しや抜粋を読み、それが真実であると受け入れます。

これにより事実から逸脱された情報のが広く蔓延する可能性があるのです。

 

プラットフォームの選択

人々が情報共有することができるプラットフォームは無数にあるため、ニュースを入手するのに最適なプラットフォームを見つけることは難しくなっています。

Digital News Reportは、ソーシャルメディアとニュースの関連についての調査を行い、Instagramの使用は2018年以降2倍になっていることを発見しました。

これは、膨大な数の人々がInstagramを利用してニュースを入手していることを意味します。

しかしここには大きな問題が存在します。

ユーザーは気に入らない、または同意しないものを見つけたら、フォロー解除やアカウントをブロックすることができます。

これは、ユーザーが自分に適した偏った情報だけを集める事に繋がります。

この問題は、Instagramフィードに表示されるニュースの種類で発生します。

たとえば、トランプの選挙コンテンツに関して何かの投稿をブロックした場合、ジョーバイデンのコンテンツが表示される可能性が高く、左翼のコンテンツのみが表示されます。

これにより、受け取る情報が制限され、断片だけが残り、全体像を理解することはできません。

 

ニュースではユーザーの好きなものや見たいものに関するものだけであってはなら事は明白であり、世界で起こっている真実を伝える必要があります。

これにより、問題に対すて情報に基づいた適切な自分の立場を考えることができます。

 

何故メディアに対して疑問を抱かないのか?

人々は幼い頃からニュースが真実であると教えられており、それがまさにその通りです。

テレビで見たり、新聞で読んだり、オンラインで記事を見つけたりした場合、それは真実であると感じますが、実際、必ずしもそうとは限りません。

非常に多くの出版物が出回っているため、読者・視聴者をいかに獲得し、顧客化するかという競争の激しい業界になっています。

これにより、メディア業界はかつてとは違う方法でニュースを伝えるようになりました。

たとえば、ワシントンポストは、クリックベイトの標準形式を示す2文の見出しを使用しています。

最大の懸念は、消費者がメディアに疑問を投げかけない場合に起こります。

読者は真実かどうかに関係なく、オンラインで読んだ面白いことを他の人と共有し話し合います。

これは、偽のニュースが業界で持つ牽引力を刺激するだけです。

 

信頼できる情報源を特定する方法

有名人やソーシャルメディアからの情報に頼らないようにする

情報が本当に100%正確であるかどうか確信が持てない場合はニュースを共有しない

フィルターバブルについて理解する

 

このような事柄を理解して初めて消費者はオープンマインドでニュースを読むことができ、読んだすべてが真実、透明、または偏見がないと信じることができないことを意識することができます。

 

To TopPAGE TOP
✉ お問い合わせ