アドフラウド、どう対策する?

アドフラウド - どう対処する?出稿に関して知る・考慮すべきこと - Truestar Consulting Group

アドフラウド、どう対策する?

統計によると、米国では2020年にデジタル広告が1,400億ドルに達しました。

米国に限らず、世界中でデジタル広告詐欺( アドフラウド )が大量に発生していることはよく知られるようになりました。

また、広告主は、高い「パフォーマンス」の外観を備えた、低CPM価格で大量の広告枠を購入することを好みます。

彼らは、高パフォーマンス、低価格、高クリックがの広告枠が、ボットによりアクセスされているという事実を気に留めません。

アクセスすることができるユーザーと広告市場の規模は明らかに釣り合いません。

では、マーケティング担当者がデジタルマーケティングで実際のビジネス成果を推進したい場合、アドフラウドへの露出を最小限に抑えながらデジタルメディアを購入するにはどうすればよいでしょうか。

この記事ではアドフラウドに対処することを考慮しながらデジタルメディアを購入する方法を考えます。

 

 

厳密なインクルードリストから始める

Google広告を介した購入も含むプログラマティックチャネルを介して広告を購入する場合、アドフラウドを回避する最善の方法は、非常に厳密なインクルードリストから始めることです。

「厳密」とはどういう意味でしょうか?

人々が毎日使用している10個のサイトと10個のアプリを瞬時に思いつくことができないように、実際にアクティブユーザーを保持しているサイトとアプリの数は非常に少なくなります。

この考え方からであると、「スケール」が得られないのではないかと疑問になります。
しかし、あなたが耳にする大規模なものは、人間の訪問者がほとんどいないロングテールサイトからできており、ボットトラフィックにより広告収入を生み出していると考えるとどうでしょう?
これらのサイトの広告はボットに表示され、ビジネス成果を促進にはつながらない場合が多いです。
つまり、広告費を捨てていることと同じです。
ではどうすればよいでしょうか?
「直接購入」はどうでしょう?
出版社から直接購入するのは良いことです。
それは広告枠の供給経路を最短にします。
ただし、サイト運営者自体が詐欺師である場合、直接購入してもアドフラウドの問題は解決しません。

どのように見分ける?サイト運営者の白黒

サイト運営者がボットトラフィックを購入している場合や、ポップアンダー、広告の積み重ねなど、収益を増やすためにサイトで他の怪しげなことをしている場合は注意する必要があるでしょう。
直接購入する場合でも、広告を監視して異常を探すための分析を実施する必要があります。
人の生活リズムと同じようなサイクルでボリュームが変動している場合は本物の可能性が高いですが、1日のうちの午前のみボリュームが増加している場合は要注意です。
これらはボットのトラフィックパターンであり、ボットがトラフィックを配信し、できるだけ早くクリックを消化します。
また、時間単位のデータがない場合、トラフィックが以上に多いことが想像されます。

ウォールドガーデン」からの購入方法

グーグルやフェイスブックを指すのに使われる「ウォールドガーデン」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
この用語は、ほとんどのユーザーがいつでもFacebookまたは1つ以上のGoogleのサービスを利用しているという事実に由来しています。
Gmail、Android、YouTubeなど、これらのプラットフォームでメディアを購入してマーケティングを行う場合は、上記と同じ原則が適用されます。
つまり、Googleで検索広告を掲載する場合は、Google.comに掲載されます
ボットには広告をgoogle.comにロードさせる金銭的な余裕がないため、このプラットフォームではアドフラウドを最小限に抑えることができます。
ボットは、トラフィックの料金を支払うサイトにアクセスします。
Googleの検索パートナーネットワークのサイトには、ボットに支払いをして広告の表示回数を増やしてクリックすることで、独自の広告収入を増やす動機(収益を上げる)と手段(これらの詐欺ボット)があります。
したがって、検索広告をメインプロパティに限定すると、詐欺ボットへの露出を最小限に抑えることができます。
Facebookについても同じことが言えます。
FAN(「Facebookオーディエンスネットワーク」)をオフにすることで、単純なアドフラウドのほとんどを回避できます。
FANは、Facebook以外で、広告プラットフォームを使用して収益化するすべてのサイトとアプリで構成されています。
また、ボットを使用して独自の広告収入を増やす動機と手段もあります。
したがって、FANをオフにすることで、この種の詐欺のほとんどを回避できます。

YouTubeとCTV(コネクテッドTV)の購入方法

YouTube全体に掲載される広告は、不適切なコンテンツの横に表示されるリスクが高くなります。
そのため、YouTubeで広告を購入する場合は、優れた有用なコンテンツを制作してきた確かな歴史を持つチャンネルとクリエイターを必ず選択してください。
ブランドや視聴者に適したチャンネルやクリエイターを見つけることが非常に重要です
これは、インクルードリストアプローチとまったく同じです。
購入に特定のYouTubeチャンネルを指定し、実質的に悪影響となるコンテンツに広告が表示されることを回避します。
CTVにも同様の事柄が当てはまります。
ブランドに適したオーディエンスを持つCTVアプリを手動でキュレートします。
数多くあるアプリの中でどれだけのアクティブユーザーがいるのかを考えることで、CTVメディアに影響を及ぼしている詐欺の大部分を回避できます。
今回の記事では、優れたパブリッシャー、実際のモバイルアプリ、YouTubeクリエイターチャンネル、実際のCTVアプリなどの厳選されたリストからデジタルメディアを購入することの重要性を説明しました。
プログラマティックデジタルメディアが持つとされる広大な規模は、ほとんどが偽のサイトと偽のユーザーが偽の広告インプレッションを生成する偽のアプリで構成されています。
スケールの大きさだけに魅了されず、中身について吟味することは重要です。
その結果、あなたのデジタルマーケティングはより良くなるでしょう。
つまり、あなたの広告がボットではなく人間に表示され、より良いビジネス成果を得ることに繋がるでしょう。
参考記事:How To Buy Digital Media And Minimize Ad Fraud (forbes.com)
To TopPAGE TOP
✉ お問い合わせ