プライバシーを尊重しながらデータドリブンマーケティングを強化するには?

プライバシーを尊重しながらデータドリブンマーケティングを強化するには? - Truestar Consulting Group

プライバシーを尊重しながらデータドリブンマーケティングを強化するには?

プライバシー問題が重要視されている現在、データドリブンマーケティングにはどのような影響があるでしょうか?

今回の記事ではFacebookのアクションをもとに考えていきましょう。

 

「 データドリブンマーケティング 」とは?

POSデータなどの活用により顧客行動をデータとして認識できるようになり、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールや、MROIツールなどが広く普及したことにより、だれでも簡単にデータ収集や分析することが可能となりました。

このような様々な要因が重なり現在のデータドリブンマーケティングのトレンドは後押しされています。

データドリブンマーケティングは従来のマーケティングに使われていた過去の経験や直感などの不確実性の高い要素を最大限排除し、収集データの分析・検証を通して、マーケティング施策の計画〜改善を行う方法です。

実行した施策に対する効果検証にもデータの活用を取り入れ、改善を行うことにより、より効率的に「PDCAサイクル」を回していくことが可能となり、施策の成功率を向上させることに繋がります。

 

データドリブンマーケティングとブライバシー問題

個人のオンライン行動に関するデータを使用してパーソナライズされた広告は提供されていました。

その一方でクッキーの規制に代表されるようにプライバシー保護の観点から状況は刻々と変化しています。

これにより、デジタル広告は個々のサードパーティのデータへの依存度を低くするために変化を要求されています。

 

Facebookは、プライバシーの観点に注視しながらも、最高の広告体験を可能とする主導型マーケティング戦略の進化を始めるために、次の5つのステップを考案しました。

明確なポリシーの提示

明瞭なわかりやすいポリシーを利用することにより、消費者が信頼を得ることができるようになります。

その結果、データを通じてビジネスとの関係を構築する際の価値を消費者が理解できるようになります。

最大限、簡素化し、より多くのコンテキストを提供することでトラブルを避けることができます。

 

機械学習の取り込み

Facebookダイナミック広告などのテクノロジーは、興味、意図、行動に基づいて、関連するサービスを利用者に自動的に配信します。

また、変換 API のようなサーバー間の統合により、重要なイベントやアクションをより確実に共有できます。

 

クリエイティブなイテレーションへの投資

急速に進化する市場でオーディエンスを網羅し、より良い理解を得るために、成功したブランドは、クリエイティブに対してアジャイルでテストと学習のアプローチを採用しています。

 

新しい機会の積極的な受け入れ

ソーシャルコマースの増加により、企業は関連するオーディエンスにリーチし、ライブショッピング、メッセージングなどのシームレスで没入型の体験を提供することができます。

 

サイロの分解

社内のブランドおよびパフォーマンスのマーケティング担当者を、財務チームや分析チームと共同で集めて、組織内のファーストパーティデータを最大化します。

プライバシーに優しいマーケティング ミックス モデリング (MMM) を含む、フルファネルのクロスチャネル測定アプローチを使用して、測定の障壁も打破します

 

プライバシー強化技術の新しい世界

Facebookはテクノロジーに根ざしたシステムを再構築しています。

たとえば、プライバシーを強化するテクノロジーは、処理する個人情報の量を最小限に抑えながら、関連する広告を表示したり、広告主の広告効果を測定したりするのに役立ちます。

個人データは、Facebookのようなプラットフォームがパターンを見つけて予測を行うことが可能になりながら、広告主がパーソナライズした広告を配信するのに役立ちます。

Facebookは、このようなプライバシーを強化する技術を活用したソリューションとベストプラクティスを構築するために、学者、グローバル組織、開発者と複数年にわたる取り組みに投資しています。

これは、長期的な取り組みの始まりに過ぎず、開発中の多くのソリューションの1つであるため、今後もアップデートされていきます。

 

パーソナライゼーションとプライバシーの共存

パーソナライズされた広告は、消費者と企業の間のコネクティングを促進します。

つまり、パーソナライズされた広告は消費者にとって有益な情報を提供するだけでなく、ビジネスの成長も促進します。

パーソナライゼーションとプライバシーの共存の実現はすべての人々に有益な状況を提供することができます。

 

パーソナライズ広告の次の時代に適応する5つの方法|広告年齢 (adage.com)