Pinterest
ホーム > ビジネス > マーケティング > オンライン・デジタル > 興味を持つ層に対して効率的に訴求するPintarestの動画広告

興味を持つ層に対して効率的に訴求するPintarestの動画広告

  • by

Pinterest と呼ばれるサービスをご存じでしょうか?

 

Pinterestとは…?

Pinterestは 動画や画像を集めて “ピン”(ブックマーク)したり、他のユーザーのピンを“リピン”することのできるサービスです。

要するにインターネット上の気になる動画や画像を集め、自分だけの写真集を作ることができるということです。

 

このサービスの利用者の特徴としては女性のほうが多く、何か有用なアイディアを収集するためのプラットフォームとして使われることが多いようです。

 

Pinterest広告機能

Pinterest は、ブランドに対して、興味のカテゴリに基づいて消費者をターゲティングする新しい動画広告を提案しています。

興味やその他の特性をターゲットに、人々のフィードに表示されるPinterest Premiereという名前の新しい動画広告を発表しました。

 

特徴

現在、米国・英国で先行提供されている動画広告(Promoted Video)はモバイルのみが対象で、主にユーザーのフィード上に掲載されます。

 

FacebookやTwitter などほかのSNS媒体の動画広告とは違う点があります。

Pinterestではユーザーのフィード内に“プレビュー”だけが表示され、フィードをスクロールする動きに合わせて再生されます。

そしてユーザーが動画をクリックすると広告ページに遷移し、音声付きで広告全編が再生されます。

更には、動画広告の下には最大6件の“ピン” を表示でき、商品購入ページや関連情報などへの導線を敷ける点も強みの一部 です。

 

有用な業界

VMLY&Rのエグゼクティブ・ディレクター兼米国ソーシャル責任者のリズ・コールは、特に動画広告は小売、食品、アパレル系統の広告が強い可能性があると述べました。

実際、Pinterestによると、食品、美容、金融、エンタメなど、幅広い 業種の広告主が、この新しい動画広告で高い結果を残しているとのことです。

例えば 食品ブランドGeneral Millsは、Pinterest内の他の広告と比較して4倍も広告想起率が高くなったそうです。

また広告動画の保存が可能であるため、ユーザーは動画を見直すことができ、その結果として完全視聴率も高くなるようです。

 

Pinterestは興味を持っている層に対して効率的に訴求することができる可能性があるサービスです。

つまり、購買行動比率が高い可能性があり、注目すべき広告媒体の一つです。

 

 

 

参考記事: Pinterest hosts its first ad summit and opens new video ad space to brands | Ad Age

参考記事:Pinterest(ピンタレスト)がついに動画広告の提供を開始!動画視聴だけでなく購入への導線が強み | movieTIMES ムービータイムス (movie-times.tv)

 

 

SNSについての記事はこちら⇓

Clubhouse 、ブランドはどう活用する? – Truestar Consulting Group (truestar-cg.co.jp)

Instagram で欲しいをつくるブランディング – Truestar Consulting Group (truestar-cg.co.jp)

海外と日本でのFacebookの立ち位置の違い – Truestar Consulting Group (truestar-cg.co.jp)

Instagramをマーケティング活用 – Truestar Consulting Group (truestar-cg.co.jp)

SNSが持つポテンシャル – Truestar Consulting Group (truestar-cg.co.jp)

SNSデータから消費者傾向を把握する – Truestar Consulting Group (truestar-cg.co.jp)