マーケターは多様性( Diversity )にどう取り組む

マーケターは多様性( Diversity )にどう取り組む - Truestar Consulting Group

マーケターは多様性( Diversity )にどう取り組む

マーケティング のプロフェッショナル達 は、世間の人々が 日々 どのように 考え、自分自身と 外の 社会を 見ているか を 正確に 捉え、形作る というユニークな 仕事 をしています。マーケティングは、 国や地域、 コミュニティー それぞれの 文化に 影響を 与える 力を 持ち、マーケティング における、 ストーリー作りは 時として 人々に 新しい 視点を 与えること ができます。いま世界、また 特に 日本で 求められている 視点 として、「ダイバーシティ(多様性)」が 様々な メディアで 取り上げられています。また 企業も 雇用や 商品開発 などに おいて、ダイバーシティ や インクルージョンが 進められています。その中で 文化を 変える 影響力を持つ、 ブランドの マーケティング活動 が、どのように 社会の「多様性 ( Diversity ) 」に 貢献 できるかを 考えます。

求められているのは 多様性への賛同ではなく 具体的な行動

アメリカでは 去年、警察官によって 不条理に 黒人が 殺害される 事件が 連続して 発生 しました。白人の 警察官によって 首を 膝で押さえつけられ、 窒息死 させられた George Floyd 氏 の 事件は 日本でも 大きく 報道 されました。アメリカでは、Black Lives Matter という運動が 起き、アメリカ 各地で 黒人差別 への 抗議や デモが 相次ぎました。また 黒人差別に 加えて、社会全体の ダイバーシティ、 多様性・受容性 への 声が いっそう 高まる きっかけになりました。

ブランドは もはや SNS アカウント上 での ハッシュタグ や リツイート などに よって 差別撤廃 や ダイバーシティへの「同意」や「賛同」を 示すだけでは、不十分で あることを 知る 必要が あります。社会や 消費者が 求めているのは、ブランドが 起こす「行動」です。

研究 や調査データ でも、ブランドが 私たちの 生活や 価値観 に対して 持つ 影響力への 人々の 期待は 高まっていることが 分かっています。ブランドに とっては 社会的正義や 多様性、持続可能性 などに 取り組む 義務や 大きな 必要性 はない としても、このような テーマについて CSR の一環 として 何か 行動を 起こすことで、ブランド価値の 向上に 大きな 影響を与えることが 予想されます。

☞ ダイバーシティに関する記事はこちら

マーケターとして ダイバーシティ について 取り組むべき3つのこと

勉強し、常に 情報を アップデートすること

変化が 速く、多様で グローバルな 今日の 環境 では、全員が 義務の 一つとして 多様性や 受容性、平等 について 継続的な学習に 取り組む 必要があります。そして、マーケター としての目標は、自社のマーケティングにDEI(多様性・平等・包括性)をDNAとして築き上げることです。そして、ブランドがDEIのため行っている活動を、世間にしっかりと伝えるブランドコミュニケーションを効果的に行う必要があります。

社内の多様性に目を向ける

ブランドがどれだけダイバーシティやインクルージョンへの支持をPRしたとしても、社内や従業員に対しての取り組みがなされていなければ、本末転倒と言えます。消費者も様々なブランドがダイバーシティ推進を進めている昨今で、実際に行動を起こしている企業とそうでない、パフォーマンスとして行っている企業との見分けがつくためです。

まずは、これまでは言及を避けてきた話しづらい話題について議論する場を設けることが大切です。例えば、Johnson & Johnsonや Zoomといった企業は、CEOから従業員に向けてメッセージを発表しました。このような行動によって、企業のダイバーシティやインクルージョン、平等への取り組みに対する真摯な姿勢が伝わります。

関係者全員を巻き込む

現代では、社会全体のダイバーシティ、インクルージョン、平等に投資することは、ビジネス全体の責任であるといえます。マーケティングでは、消費者の一人一人がどんな人間であるか、どのように考えながら生活しているかを分析することが大きな仕事です。一方で、ブランドに付随するコミュニティを形成していくことも必要です。その中で、消費者、顧客、チームのメンバーなど全ての関係者を巻き込んで、多様性を考える対話を促すことが大切です。

参考:Adweek  “How to Impact Diversity When All Brands Are at Stake” / TY Heath