日本がデジタル化に失敗する理由はこれだった

日本がデジタル化に失敗する理由はこれだった - Truestar Consulting Group

日本がデジタル化に失敗する理由はこれだった

コロナ渦 において、 感染拡大を 防ぐための 企業の リモートワークが 推進 されています。 リモートワークの 実現には 企業の デジタル化 が 必要不可欠 です。しかし、 中小企業 だけでなく、 大手の会社 でも デジタル の環境 が整っておらず、 毎日 社員が 出社 を続けている 場合が 少なく ありません。この 記事 では、日本企業 の デジタル化— DX — の 遅れに ついて 考えます。

日本企業の DX成功率は 海外の 半分以下

昨年の 4月 から 6月 にかけて 行われた、 ボストン コンサルティング グループ による 「デジタル トランスフォーメーション に関する グローバル 調査」 によると、 海外企業 の DXの 成功率は 30%に 対して、日本の 成功率は 半分以下の 14 % で あることが 明らかに なりました。

パンデミック によって、 企業の DX への ニーズは 高まっています。 ℤoom などの オンライン サービス を 利用した オンライン会議や オンライン商談 が行われるようになりました。コロナウイルス の 感染が 広まった 初期 は、DX への ニーズは 一時的 なもの とみていた 企業 もありましたが、 コロナの 状況 の見通し や DX による ビジネスの 効率化 から、 デジタル 変革は 長期に 渡る 変革 であるという 認識 に 変化 しています。

しかし、 デジタル化 が 進んでいない 企業の 経営者 にとって、 DX を 達成 するまでに 様々な 問題 があります。DX  には 予算が 必要 ですが、 このコロナ渦 の中で 短期的な  収入 が 落ち込み、 費用 が 確保 できない 企業 も 多く 存在します。 また、 具体的に どのように 取り組めば 良いか 分からない 経営者 もいるでしょう。

DX に 関する 記事はこちら

日本企業の DX の成功率が 低い 理由

海外の 成功率が 30 % に 比べ、 日本は 14 % である という データ からも  分かるように、日本企業の デジタル化 は 全体的に 遅れています。 その理由 は、どこ にあるのでしょうか。

一般的に 指摘されている点は 2つ あります。

① 経営者による デジタル化 への意識

企業が DXを実現するためには、会社全体をまとめ、変化へと導く経営者のリーダーとしての強い意志が必要です。ところが、日本では「デジタル化」ときくと、どうしても情報システム部などのITの専門家の仕事であると考えがちです。実際には、DXはITの専門家だけでは成り立ちません。社内のすべての部署が関わって進めることで、現場のニーズを反映させたデジタル改革が可能になります。

② 縦割りの組織図

効率の良い業務のデジタル化は、社内で統一して行う必要があります。そのため、組織の中での横断的な連携なくして、DXは成功に至りません。

しかし、日本企業には縦割りの構造が強く根付いており、部署同士の連携がとりにくい構図になっている場合が多いです。また、日本企業がDXに取り組む際、部署のトップが責任者になるため、自分たちの部署に最適化されたデジタル活用になり、社内全体のためのDXにならないことがあります。

参考:Newspicks「成功率わずか「14%」のDX。成否を分ける“2つの壁”を突破せよ