今注目のNFTとは?

今注目のNFTとは? - Truestar Consulting Group

今注目のNFTとは?

NFTは非代替性トークンと呼ばれ、デジタルデータに価値をもたらす存在として注目を集めています。

これまで、デジタルデータはコピーや複製することで量産することができたため、希少価値が有りませんでした。

しかし、NFTにはデジタルデータに価値をもたらす可能性が秘められています。

つまり、NFTは複製不可能なデジタル作品を生み出し価値を高める技術ということです。

このNFTは、ゲームやアート分野における著作権照明などへの適用も始まっています。

今回の記事ではそんな今注目されているNFTの基本情報を見ていきます。

 

 

NFTの特徴

非代替性による唯一性

NFTの一番のメリットは代替不可能で唯一性がある点です。

この点は仮想通貨と大きく異なる点です。

仮想通貨の場合は代替可能であり、その特徴を持つからこそ通貨としての利用可能が可能となっています。

一方で代替が完全に不可能なNFTではNFTのやり取りが行われた場合、交換前とは状況が異なってしまいます。

このように独自性という特徴を持つNFTはゲームやアートなどの分野での活用が可能です。

 

作成・発表の自由

NFTの特徴として作成・発表は誰でも行うことができます

NFTはブロックチェーンを用いているため、プログラミング技術が必須と思われがちです。

しかし実際は、デジタルデータをアップロードするだけで簡単に作品をNFT化することができます。

そのため、だれでも自分の作品をNFT化して、マーケットへの出品が可能です。

 

様々な設定をプログラム可能

NFTはブロックチェーンをベースとして作成される為、スマートコントラクトを利用できます。

そのため、様々な条件をプログラムすることができます。

例えば、転売された際にも制作者はに収益が入るようにプログラムするなどが行えます。

 

 

NFTのデメリット

法整備の遅れ

NFTの一番のデメリットとして挙げられるのは法整備に関する面です。

NFTの市場は急速に発展したため、NFT関連の法整備が追い付いていない状況です。

現在の日本の法律では無形物に対する所有権を認めないため、NFTにも所有権が認められません。

トラブルの際には当事者間での裁判となる可能性があるため注意が必要です。

 

著作権侵害のリスク

これに関しても法律が関わってきます。

ブロックチェーンと著作権の所有者が異なることにより、著作侵害を助長するリスクがあります。

NFTでは自身が著作権を所有していない場合でも、NFTを発行して販売することができます。

著作権に関する問題はNFT市場が成長していくにつれて、無視できなくなっていくでしょう。

法整備はこういった面でも追い付いていないため、速やかな検討が必要不可欠となっています。

 

手数料が高騰しやすい

NFTではガス代と呼ばれる手数料が発生します。

ガス代は販売者が自由に設定することができるため、高騰しやすいというのもNFTのデメリットの1つです。

つまり、ガス代は販売者の言い値により決まるため、需要の増加に比例してガス代も高騰する傾向があります。

このガス代を支払わずにNFTの取引を行うことができるのがオフチェーンを採用しているプラットフォームです。

オフチェーンとは、ブロックチェーン上に記録されないやりとりのことを指します。

この取引法のデメリットとしては、ブロックチェーンを全て利用するため情報量が多くなり、やりとりに時間がかかる点です。

いずれの取引方法にもメリット・デメリットがあるため自分に合った取引法を選ぶことができるのはNFTの良い点かもしれません。

 

 

NFTのマーケットプレイスを利用する際の注意点

キャンセル・返品が不可能

NFTは取引が成立すると、キャンセル及び返品はできません。

クーリングオフなどの精度もNFTには適応されないため注意が必要です。

 

品質の保証はない

NFTのマーケットでは利用者間での取引になるため、品質が保証ません。

誰でも出品・取引できる特徴のあるNFTではこのような課題があるのは仕方ありません。

利用者は作品の購入時に著作権を侵害していないか、品質は確かなものかなど、自分である程度リサーチを行う必要があります。

 

決済通貨の価格変動による価格への影響

NFTの取引をする場合、支払い方法には仮想通貨が用いられます

そのため決済通貨の価格変動より価格は大きな影響を受けます。

例えば仮想通貨Cを利用して10CのNFTを購入するとします。1C=100円の場合1000円の日本円が必要です。 しかし1C=200円の場合、2000円の日本円が必要になります。

このように同じ値段でも仮想通貨の価格変動によって、必要となる日本円が変わってくるのです。

 

 

参考:【初心者向け】NFTをわかりやすく解説!特徴・将来性・具体例など | KUSHIM HACK|あなたの選択肢をもっと自由にするメディア