DevOpsとは?アジャイル開発との違いは?

DevOpsとは?アジャイル開発との違いは? - Truestar Consulting Group

DevOpsとは?アジャイル開発との違いは?

DevOpsとは何か?

DevOpsはDevelopmentとOperationsを組み合わせた造語です。

アプリの開発チームと運用チームが協力することで迅速かつ柔軟なサービス提供を行うための仕組みをDevOpsと呼びます。

アプリ制作の過程で開発チームと運用チームの目指す方向が相反してしまうことがDevOpsが重視されるようになった背景としてあります。

アプリの利便性を高めたい開発者と、安定的な運用をしたい運用者との間で、対立が生じてしまうという問題です。

これらの問題を解決するために、DevOpsの考え方が生まれました。

 

DevOpsのメリットとは?

スピードの向上

DevOpsではアジャイル開発の手法を用いることが多く、開発段階におけるテスト期間を短縮し、機能ごとのリリースをスピーディに行います。

生産性の向上

サービスのリリースまでの期間が短くなることで、より早くユーザーの意見やフィードバックを受け取ることができます。

また、開発と運用それぞれのチームが連携しているため、無駄な工数を発生させずに最適化されたスケジュールで作業を行うことができます。

信頼性の向上

小規模な単位を基本として作業が進むため、不具合などの早期発見に繋がります。

また、それに対する処置も迅速に行うことができ、結果的に信頼性の向上につながります。

 

DevOpsのプロセスとは?

DevOpsによる開発は、複数のプロセスから構成されます。

DevOps

計画

サービスの機能、開発タスクや進捗管理の方法について定義、計画を立てます。

開発

計画をもとに、コードの記述などをはじめとする開発工程を進めます。

継続的インテグレーション(CI)

CIとは、開発したコードのビルドとテストを継続的、自動的に実行することです。

これを行うことで、コードの不具合を早期発見に繋がり、迅速に修正することができます。

デプロイ

実際の使用環境で使えるように設定します。

運用

リリース後は、サーバーおよびアプリケーションの監視と、トラブル発生時の対応が重要となります。

継続的フィードバック

これはサービスに関するユーザーからのフィードバックを継続的に受け取り、開発プロセスに反映させることです。

チャット、メール、SNS上のコメントや口コミなどがこれに取り入れられます。

 

DevOpsとアジャイル開発の違いとは?

DevOpsとアジャイル開発は、継続的なサイクルが含まれることや、小さな単位ごとに開発サイクルを回すことなどの共通点があるため、混同される場合があります。

しかし、この2つは異なる概念です。

DevOpsはプロジェクトメンバーや組織の協力体制を表すのに対し、アジャイル開発は開発の進め方を表します。

つまり、場合によってはDevOpsとアジャイル開発をどちらも導入可能性もあります。

DevOpsでメンバー間の連携を密にし、アジャイル開発で効率的かつ柔軟な開発を行うことが可能です。

 

参考:DevOpsとは何かを図でわかりやすく解説!アジャイル…|Udemy メディア (benesse.co.jp)