RPAはなぜ注目されているのか?

RPAはなぜ注目されているのか? - Truestar Consulting Group

RPAはなぜ注目されているのか?

DXに大きな注目が集まる現在、RPAと呼ばれる技術に大きな注目が集まっています。

DXのプロセスを

①IT利用による業務プロセスの強化

②ITによる業務の置き換え

③業務とITのシームレスなつながり

の3つのフェーズに分けた場合、②の部分に当たるRPAはさに日本のDX推進を支援する技術の1つとなります。

今回はそんなRPAについて特徴やメリットを見ていきます。

 

RPAとは?

Robotic Process Automationは従来パソコンで行っていた事務作業を自動化できるソフトウェアロボット技術を指します。

RPAはマウス操作やキーボード入力などの操作手順を記録し、それを高速で正確に実行することができます。

その結果、既存の事務的業務を効率化させ、生産性を向上させることが可能になります。

RPAを導入するメリットは、業務の効率化や生産性向上に加え、人的ミスの削減、事務作業から解放された従業員のモチベーションの向上、より付加価値の高い仕事に集中できる、人手不足の解消、といったことがあげられます。

 

注目されている理由

働き方改革などに注目が集まる現在、人の代わりに仕事を行うことができるRPAが注目を集めています。

企業側は長時間労働問題や業務の生産性の向上などに対する施策を考えなければいけません。

そこで注目されているのがRPAということになります。

 

RPAを活用できる業務の例

  • 伝票内容の基幹システムへの入力
  • 事前に設定した定型的なメールの送信
  • インターネット上の口コミ情報の収集
  • ルールにもとづいた書類の不備のチェック

 

RPA導入のメリット

RPAの導入は以下のようなメリットをもたらすことが期待できます。

業務の効率化

RPAの導入において期待できる最大のメリットは業務の効率化です。

RPAの導入により、手作業で行っていた業務を指定プロセス通りに自動化することが可能となります。

これにより、作業工数や作業時間の短縮を期待できます。

人的ミスの削減にもRPAの導入はポジティブな影響を与えます。

RPAはルールに沿って作業が行われるため、スピーディーに正確にタスクをこなすことができます。

 

コスト削減

短期的な視点だとRPAの導入にはコストがかかりますが、長期的な視点だとコストの削減に貢献することが期待できます。

RPAは24時間フル稼働しても人件費も時間外手当も不要なため、人件費や残業代を削減することができます。

特に、業務量が多い単純作業にRPAを導入すると、人件費の削減を期待できます。

 

企業競争力の強化

RPAの導入により24時間稼働することが可能なため従来よりも多くの業務量をこなすことが可能です。

更に、指定プロセスにのっとって稼働する為ミスもありません。

処理できる業務の量が増加し、ミスも少なくなれば作業処理スピードが向上し、企業の競争力強化につながります。

 

 

 

このようにRPAは現在企業が抱える課題を解決し、企業の価値を高めることができるツールとして注目を集めています。

RPAはDXが推進されている現代でさらに大きな注目を集める事となるでしょう。

 

参考:RPA(ロボティックプロセスオートメーション)とは?|RPA業務自動化ソリューション|日立ソリューションズ (hitachi-solutions.co.jp)

参考:RPAとは|できることやメリットなどの基礎知識をわかりやすく解説: RPA導入支援ソリューション | NECソリューションイノベータ (nec-solutioninnovators.co.jp)