ITが変化をもたらす現実世界

ITが変化をもたらす現実世界 - Truestar Consulting Group

ITが変化をもたらす現実世界

仮想現実という言葉にはもう馴染みがあるのではないでしょうか?

テクノロジーの発展により私たちの生活には様々な最先端技術がもたらされています。

今回はそんなIT技術が変化をもたらす現実世界について見ていきます。

 

VR (Virtual Reality:仮想現実)

ゴーグルを装着することによりコンピュータ・グラフィックスで作り出された世界が目の前に出現します。

顔や体の動くとともに目の前に広がる映像も動きます。

ヘッドホンをすることにより視覚・聴覚ともにまるで自分がその世界にいるかのような体験をすることができます。

最近ではゲームに採用されていたり、航空機のシミュレーション、家具などの配置プランをより視覚的にするためのデモンストレーションなど幅広い分野で活用されています。

つまり、コンピュータで作成された世界に自分が飛び込んだような体験を可能にするのが「VR (Virtual Reality:仮想現実)」と言う技術です。

 

AR (Augmented Reality:拡張現実)

ゴーグルをして見える世界に加えて情報も同時に表示されます。

つまり、ゴーグルをして東京タワーを見たときに、東京タワーに付随する情報も提供されるということです。

機会の操作パネルの映像上に操作方法を表示したりすることができます。

最近ではスマートフォンを風景にかざすことで、背面カメラにより映し出された映像に情報を付け加え提供するソフトウェアなども存在します。

つまり、現実に見ている世界に付随情報を重ねて表示させ、現実世界を拡張することができる技術が「AR (Augmented Reality:拡張現実)」です。

 

MR (Mixed Reality:複合現実)

ゴーグルに映し出された現実世界に投影された3次元映像を触ることで実際にそれを動かすことができます。

また、現実世界にあるアイテムを触ることでそれに付随する情報を文字や映像で表示することができます。

ARとMRは似た概念ですが明確な違いがあります。

ARは現実世界にコンピュータの作成した情報を表示する技術であることに対し、MRは現実世界とコンピュータで作成されたデジタル世界を重ね、そのデジタル世界に触れて操作を行うことができます。

 

Mixed Reality技術の未来

今後、MRデバイス市場はさらに盛り上がることが予想されます。

これにより、性能の向上や軽量化などデバイスの進化藻期待されます。

またMRデバイスの主流もヘッドマウントディスプレイからコンタクトレンズ型ディスプレイなどより実用的な形へと変化することも期待できます。

 

産業でのMixed Reality技術の活用

MR技術の最大の利点は、そのリアリティと現実空間との相互作用性です。

動作のイメージを実際の規模で確認しながら作業することが可能となり様々な業界において重要な役目を果たす技術です。

 

オフィス

  • リモートミーティングにおいてアバターを仮想空間で表示することによる、非言語コミュニケーションのサポート
  • デザインや形状などを仮想空間で具現化することにより、開発に際しての議論の精度を向上

小売り

  • 実際に商品を配置した場合のシミュレーションが可能となり、消費者の購買意欲の促進及び購買体験の向上を支援
  • 利用イメージを消費者に提供することにより購買意欲を促進

 

このように、MR技術はさまざまな産業分野で多様な課題の解決に応用することができます。
一方で、この技術を実際の業務プロセスにおいて活用するためにはノウハウの蓄積も重要です。
早い段階で積極的に導入・活用していくことでビジネスの将来的な優位性を確立できるかもしれません。