Pricing

プライシングの重要性

  • by

今回 のブログは 価格 ( Pricing ) について 焦点を 当てて お話ししていきたいと 思います。

価格決定 を することは ビジネスにとって 非常に 重要な工程 になります。

価格勝手委 に 関しては 施策立案の際に 用いる 4P にも 組み込まれています。

現在では AI により 膨大な データの 解析など を することに より合理的な 数値を導き出す ダイナミックプライシングと呼ばれる手法 も 用いられており、その手法は 様々 です。

今回は なぜ適切な プライシングが 重要になるのかを 考えていきます。

 

売上・利益 に関わる

これは 当たり前のこと になりますが 高値で 売れば売らなければならない 量は 減り、安値で 売れば 量は 増えます。 売り出したい プロダクト によって 頻繁に 買われやすいものなのか それともそうでないものなのか などを 考慮 するのも 初歩的な 考え方の 1 つに なるかもしれません。

1 つの 商品から 生み出される 利益だけに 追求 し過ぎずに 全体像を 考えて現実的な 売上率を 念頭に プライシングを する 必要 があるでしょう。

 

市場シェア につながる

市場シェア とは 市場の中で そのプロダクト がどれくらいの 割合を 占めているか を示します。 市場シェアが 大きく なれば 売上は もちろん、 そのプロダクトに 対する認知度 の向上にも 大きく 貢献します。

では ここで クープマン が唱えた 6 つの 市場占有率 の目標値を 見てみましょう。

  • 独占的市場シェア( 73.9% )

シェアを独占している状態。

  • 安定的トップシェア( 41.7% )

3 社以上での 競争を している場合 41.7 % 以上の シェアを持つ 場合、市場の中で 強者 であり、安定した 地位を築けています。

  • 市場影響シェア ( 26.1% )

市場の牽引者であるかどうかのラインであり、十分にシェア逆転が起こることも考えられます。

  • 並列的競争シェア(19.3%)

市場が拮抗している状態であり、この数値を超えると他社よりも1歩リードしていると考えられるでしょう。

  • 市場認知シェア(10.9%)

競合他社や消費者により認知はされているものの影響力は小さくほとんど注目されません。

  • 市場存在シェア(6.8%)

他人 によって 思い出すことが できる範囲 であり、市場で 競争していくに あたり最低限 であると 考えられる数値。

市場シェアに 関しては このような 数値を 用いて ポジション付けや 優劣の 判断を することができます。

 

ブランドイメージ に関わる

もし プロダクト の価格が 高すぎて まったく 売れなかったために 価格 を 落としたら 消費者は どう思うでしょうか?

価格の下落 とともに 品質の下落も 起想することが 予想 できますでしょうか?

では 逆に 安く 売りだしたところ 予想以上に 売り上げが 伸びたために 価格を 上げたら 消費者は どう感じるでしょうか?

このように 適正な 価格を 見つけずに 適当な 価格を つけてしまったが 故に ブランドイメージに 影響を 与えてしまうことも 大いに考えられます。

 

競合への対抗策となる

消費者はモノを選ぶときに優位性の高いプロダクトを選択します。

この優位性とはプロダクトの性能などの場合もありますが、価格も重要な要素の1つとして捉えられています。

競合他社への対抗策としてプロダクトをより安価に提供することも優位性を高める1つの戦略であることは明らかです。

 

 

今回はプライシングの重要性についてお話ししましたが、ほかのブログではダイナミックプライシングについてもお話ししているので是非ご覧ください!!