Google
ホーム > ビジネス > マーケティング > モデル・分析 > Google がクッキーの代替品を見つけた?

Google がクッキーの代替品を見つけた?

  • by

Google はCookieの代替品を発見したかもしれません。

Cookieとは WebサイトからあなたのスマホやPCの中に保存される情報のことであり、以前に得た情報からWeb サイトが 一人ひとりに違う内容表示したり、前の続きから表示したりというように利用されています。

 

さて、本題ですが、題名にある 通り、そんなCookieの代替品がGoogleによって発見されたかもしれないというのです。

 

 

GoogleはFLoC (Federated Learning of Cohorts)と呼ばれる広告ターゲティングシステムを実験しています。

FLoCとはChromeを用いてユーザー閲覧履歴を分析し、類似時傾向をもつユーザーのグループ化をするというものです。

 

広告主は、Cookieベースの広告と比較した場合、少なくとも 1 ドルあたりのコンバージョンが95 %を期待できます。

プロダクトマネージャーであるChetna Bindraは「ここでの目的は、個人レベルでの閲覧行動や興味を理解するのではなく、同様の興味を持つユーザーのグループを持つこと」と述べています。

またこの進歩は、サードパーティのクッキーの代替品を探すためにスクランブルをかけ、ユーザーがCPRAなどの新しい規制を通じてウェブ上で より多くのプライバシーを要求するにつれてもたらされます。

 

FLoCはChromeに組み込まれたアルゴリズムを利用してユーザーのアクセスしているWebサイトを監視します。そしてそこで得られた情報をもとにユーザー分類を行います。

これにより得られた情報が広告主がターゲット広告を配信するために用いられます。

 

Googleによると広告主に提供されるのはグループ分類情報だけであり、ユーザーの閲覧履歴などは共有されません。

グループの大きさは個人が特定される可能性は極めて低い規模であり、ユーザーがインターネットを閲覧するたびにグループの更新がされます。

 

Chetna Bindraはこのテクノロジーはまだ初期段階にあり、ユーザーのプライバシーを保護しながら広告追跡の一連の提案であるプライバシーサンドボックスに準拠することを目的とした他のいくつかのソリューションの1 つにすぎないと述べる一方でこれは現段階での最先端の技術でもあると述べています。

Cookie についてはこちらの記事もご覧ください。☞  ポストcookie時代におけるターゲティング広告

 

参考記事 ; Adage “Google Thinks It May Have Found a Replacement For Third-party Cookies” / Mike Juang