近年の検索スタイルの変化、SNS中心に?

近年の検索スタイルの変化、SNS中心に? - Truestar Consulting Group

近年の検索スタイルの変化、SNS中心に?

SNSが検索プラットホームへ

最近、若者の間では何かを検索する際につかうプラットホームがGoogleやYahooから、Instagram などのSNSに移り始めています。

人との交流の場として認識がひろがっていたSNSですが、近年では調べものをする際に活用する例が増えてきています。

なぜこのようにSNSで検索することが増えてきているのでしょうか。

 

検索プラットホーム

Googleや Yahooなどの検索プラットホームの特徴としては検索する単語を入力するとそれに関連する記事やホームページが出てきます。画像検索をしなければ基本的には文字での情報となります。

また、こういった検索プラットホームはSEO対策がされており自分の検索履歴などによって上位にでてくる検索結果がちがってきます。ほかにも広告が上位に出てくる例もあります。

 

Instagram

Instagramは自分の日常生活や、自分の世界観を写真や動画を通して発信する場として活用されていました。近年ではそれに加え、検索ツールとしての機能が向上してきました。

一番有名なのはハッシュタグ(#)検索です。

#○○で検索すると、そのハッシュタグをつかった投稿をみることができます。例えば、#渋谷グルメで検索すると渋谷駅周辺のごはん屋さんの投稿が出てきます。地図上に場所とともにごはん屋さんがでてくるので自分のいる場所から近いごはん屋さんを探すことも可能です。また、実際に行った人の投稿をみることができるのも特徴です。

こういうものは一般的なグルメサイトやGoogleで検索することも可能ですが、Instagramは比較的に利用している層が若いため、若い世代の人にとっては同世代の人の意見や値段設定をみることができます。

#(ハッシュタグ)検索のほかにもただ検索欄に探したいものの単語を入力すると、ハッシュタグなどだけでなく、それに関連する投稿やアカウントが表示されます。

このアカウント検索というものがSNS検索の大きな特徴です。アカウントを検索することで自分の関心のあるものが似た人の投稿一覧をみることができます。グルメ投稿の場合でも、一般の人が載せているのが多いので、どのような人で、料理やお店のレビューが信頼できるかを自分で確かめることができます。

Who情報というものがこのSNS検索において重要となっています。

 

 

Twitter

 

Twitterにおいて検索することを「エゴサーチ」と呼びます。

Twitterでは単語を検索すると、その単語を含んだツイートが表示されます。画像と動画、アカウントも同時に検索することができます。

Twitterは匿名性が高いですが、ツイートの発信者のアカウントをみることができるので、これまでどのようなツイートをしていたのか、どのようなツイートをいいねしているのかなどからその人の人間性を知ることができます。それを行った上で、ツイートの内容を信じるかどうかを見極めることができます。

また、同じ情報についていろんな人や年代の意見をみることができるので、多面的に物事をみることができます。

他にもTwitterには様々な機能がそなえられているため、日付をさかのぼって昔の投稿などもみることができます。

例えば「Since:日付」で検索すると指定したツイートから現在までのツイート検索が可能になります。こうしてコマンドを使うことができ、より絞った検索ができます。

トレンドという機能もあり、今Twitter上でなにがよく検索、つぶやかれているのかがランキング形式で表示されます。そこの気になる項目をクリックするとそれに関連したツイートや記事が出てきます。

このようにTwitterは基本的に「今」を発信しているのでいち早く情報を取り入れたいときに役立ちます。また、自分の取り入れたいニュースだけでなく世間で話題になっている情報もみることができます。

 

 

こうしてSNS検索はどのような人が情報を拡散しているのかが明白になっているという点が、今までの検索プラットホームとの違いだと感じます。

インターネットで誰でも情報を発信できる世界において、それが信用できるものであるのかを見分ける力が大事になっていきます。それにより誰が発信しているのかがわかりやすいSNS検索は人をみることができるため、情報の透明性が少しでもあがるため、SNS検索を活用する例が増えてきたのではないかと感じます。

結局は検索する内容や取り入れたい情報によってSNSか、GoogleやYahooで検索するのかを変えるのが一番最適な検索の仕方なのではないかと思います。