ライドシェアのこれから

ライドシェア ライドシェアのこれから - Truestar Consulting Group

ライドシェアのこれから

近年 サービス が 充実 しつつある シェアリング 事業 の 中 で、今回 は ニューヨーク発 の  モビリティ・スタートアップで ある「Via Transportation」 を ご紹介 します。

 

この サービス の 最大 の 特徴 は 主 に BtoB や BtoG での 配車 サービス を 行っている 点 です。

ライドシェア(相乗り) に 特化 した オンデマンド型 の ライドサービス だ。

既存 の交通事業者 や 自治体向け に 最適化 された アルゴリズム を 提供 する、というのが Via の 事業 モデル だ。

(引用元:タクシーも自治体も味方。NY発「ライドシェアのOEM」のVia (newspicks.com))

 

現在 MaaS(Mobility as a Services) として 注目・普及 しつつある 配車 サービスアプリ (Uber / DiDi など) とは 少し異なります。

この サービス  の顧客 は 現存 する タクシー 事業者 や 公共交通 に なります。

 

実は、Via Transportation は 日本国内 でも 森ビル×六本木ヒルズ での 森ビル 社員 を 対象 とした 実証実験「HillsVia」を 行って いました。

主な 内容 として は 顧客 が 配車依頼 を 行うと、 同じ方面 に 向かう 他 の 顧客 を ピックアップ しながら 目的地 を 目指す という もので、スマホアプリ や Web、さらには 電話 での 配車 を 依頼 できる という 幅広く ユーザー の 状況 に 対応 している 点 が 特徴的 です。

 

また 伊藤忠商事 でも 社員向け の オンデマンド型 乗合サービス「BlueVia」を 運用開始 しました。

伊藤忠 は 今回、タクシー 大手 の 日本交通 の 協力 の もと  でVia社 の テクノロジー を 活用し、伊藤忠 の 東京本社 に 勤務 する 社員  を対象 に 勤務時間内 の 移動 に オンデマンド型 乗合サービス を 提供 する。同社 は 「社員 の 移動時間 短縮 に よる 効率化 や コスト の 削減 を はかり『働き方改革』の 一環 として より 高い 生産性 の 実現 を 目指す」 としている。

(引用元:伊藤忠が自社社員向け乗り合いシャトルサービスを提供へ、NY発ライドシェアViaの技術を活用 | TechCrunch Japan)

 

このサービスを利用することによるビジネス面での利点

まず、会議 など の ため に 移動 しなければ いけない 際 の コスト を 削減 する こと に つながる こと が 考えられます。

移動人数 が 増えれば その分 移動 コスト が 上がる こと が 考えられます。

また 電車移動 など の 時間・労力 を 省く こと に より 従業員 の 生産性 の 向上 が 期待 できます。

さらには 同乗 した 人 との コミュニケーション に より 新たな アイディア が 思いつく 可能性 など 様々な ポジティブな 面 が 考えられます。

さらに BtoB や BtoG 向け の サービス として 扱われる 場合、環境へ考慮に関して 非常 に 重要視 される 傾向 が あります。そういったことも含め、 同一方向 への ライドシェア を 取り入れる こと は 会社 の イメージ向上 にも 大きく 貢献 する でしょう。

 

 

今後 の 配車サービス市場 に 関して は AI や クラウド での 情報管理 が 広く 用いられ 始めた ことが大きく関係するでしょう。

つまり、顧客 に 対して さらに 効率的に、より素早い サービス を 提供 すること が 可能 に なる こと が 予想 できます。

 

 

To TopPAGE TOP
✉ お問い合わせ