サスティナビリティ

サスティナビリティとビジネス

  • by

最近何かしらの媒体でサスティナビリティという言葉を聞いたことがあると思います。

今回はそんなサスティナビリティがビジネスにもたらすメリットについて考えていきたいと思います。

 

サスティナビリティとは?

サスティナビリティ(持続可能性)とは将来の世代まで持続的に維持できるかどうかという点を考えています。

少し前までは環境、天然資源に関することについて言及されることが多かったですが近年はビジネスシーンについても言及されるようになりました。

 

サスティナビリティのゴール

合理的なビジネスゴールの設定、それに対する適切なアクションが重要になります。

例えば合理的なゴールの例として

・排出量を削減

・エネルギー使用量を削減

・似たアクションをする組織とのネットワーク

 

なぜ重要なのか?

エコフレンドリーな活動、社会的責任を持つ新しい顧客を引き付けることで、持続可能性はビジネスを大幅に推進できます。

実際にマッキンゼーによれば、ESGレーティング(環境+ソーシャル+ガバナンスメトリック)が高いブランドほど、財務的に成功しており、より多くの国民の支持を得ています。

 

企業例

Ford

Fordではサステイナブルプログラムの1つとして再生利用可能な材料の利用を進めています。

2035年までに全世界のすべての製造工場の再生可能エネルギー100%が計画されています。

 

UNIQLO

環境に配慮して作られたジーンズのようなものを作り出しています。

また、製造工程における水資源の再利用などの徹底的な教育を行っています。

 

ユニクロに限らず、アパレル業界では環境に配慮した素材選びを行っている企業は多いです。

 

上記で述べた通りサスティナビリティを考えることにより財務的に成功しており、多くの支持を得ている企業が多くあります。

今後の環境問題などを鑑みると今すぐに1歩踏み出してサスティナビリティを考慮したビジネスに変化させていくことが今後の企業存続、成長に大きく役立つでしょう。