顧客体験に変化をもたらす店舗DX

顧客体験に変化をもたらす店舗DX - Truestar Consulting Group

顧客体験に変化をもたらす店舗DX

業種や分野を問わず、DX(デジタルトランスフォーメーション)への注目が集まり、多くの企業が取り組みに乗り出しています。

そんな中で今回の記事では店舗DXについて見ていきます。

例えば、飲食店では、自身の携帯電話からQRコードを通じて注文を行い、電子マネーで決済まで行うことができるなど、購買プロセスが非接触となるお店が増えてきました。

これらのデジタル化は、人件費や安全性など様々な観点からメリットがあり、今後促進されることが予想できます。

 

店舗DXとは?

店舗DXとは、店舗型ビジネスにおけるデジタルトランスフォーメーションであり、オンラインとオフラインを融合した、新しい顧客体験を創出する取り組みを指します。

店舗DXは現在流行している新型コロナウイルスの感染防止策として急速に拡大しています。

ECサイトなどの媒体との競争激化など、オフラインのみの売上ではビジネスの存続が難しくなってきたことも店舗DXが注目・拡大している背景にあります。

 

店舗DXのメリット

①顧客満足度の向上

顧客のニーズに沿ったデジタル技術を活用することで、顧客の満足度を向上させ、購買意欲の向上、口コミ、新規顧客の獲得といった効果が期待できます。

②人材コストの削減

デジタル化により、店舗運用の省力化や無人化が可能となり、人件費の削減や慢性的な人材不足の解消につながります。

③効率化によるサービス品質の向上

AIやITツール等を利用して単純作業を自動化・簡略化することで、業務効率化を実現し、その分の時間を、質の高いサービス提供に充てることができます。

参考:» 【2021年版】店舗DXの事例9選!小売・飲食・アパレル他まとめ (mil.movie)

 

小売業界では、店舗DXを導入する企業が増えています。

店舗DXに取り組むことで、従来とは異なる顧客体験や新しい価値を提供できます。

さまざまなシステムやアプリなどのサービスがあるため、自社にあったものを検討しましょう。

 

 

参考:2022年デジタルマーケティングトレンド予測|鍵は「ハイブリッド」、リテールDX、BtoBマーケの浸透にも注目 – アンダーワークス Underworks