実際には着ない服?「デジタルファッション」とは

実際には着ない服?「デジタルファッション」とは - Truestar Consulting Group

実際には着ない服?「デジタルファッション」とは

新型コロナウイルスの影響で人と対面で会う機会が減り、オンライン上のバーチャル空間を通して人とコミュニケーションをとることが普通となった現在。そんなバーチャル上でもファッションを楽しめるようにと開発された「デジタルファッション」。

この「デジタルファッション」とは何なのか、そしてどういう仕組みなのかをこの記事で説明します。

 

「デジタルファッション」とは

デジタルファッションとはメタバース(仮想空間)上で用いる洋服やバッグ、靴などのことをさします。

これらすべてデジタルデータによって構成されているため、現実世界で現品をみることはありません。

デジタルファッションの使いかたはそれぞれですが、AR技術を使い自分がバーチャル上で着るという楽しみ方があります。

まだ理解しづらいとおもいますが、一番馴染み深いのはゲーム界でのデジタルファッションの活用です。

ゲーム上で自分のキャラクターが着る服を選び、それで自分自身を表現してファッションを楽しむことができます。

 

NFTと「デジタルファッション」

NFTとは→ NFT(非代替性トークン)とは? | Truestar Consulting Group (truestar-cg.co.jp)

デジタルファッションはNFTというデータに唯一無二性を持たせることのできるものと結びつけて活用できる例もあります。NFTと結びつくことでメタバースで購入した商品をはっきりと自分のものだと示すことができます。

実際にファッションブランドであるLouis Vuittonもこのデジタルファッションと結びついたゲーム「LOUIS THE GAME」を出しています。

「LOUIS THE GAME」をApp Storeで (apple.com)

 

このゲームはルイヴィトンの創業者の生誕を祝ってつくられたゲームで、ブランドのマスコットキャラクターである「ヴィヴィエンヌ」がルイの誕生日を祝う地を目指して冒険をするというゲームです。

このゲームをクリアすると作中に登場する30種類のNFTアート作品を得る抽選券が獲得できます。

他にもデジタルファッションレーベル「1Block」を展開しているワンセックもCryptoGamesと業務提携をして日本初のNFTスニーカーをリリースして注目を集めました。

NFTとデジタルファッションを結びつけることでデジタルファッション自体の価値も上げることができます。

 

デジタルファッションのメリット

デジタルファッションのメリットとしては環境汚染がないことが一番にあげられます。

アパレル産業はすべての産業の中で二番目に多くの環境汚染を生み出しています。服などを作る際だけでなく、それらの梱包や配送も環境汚染を加速させています。また、使用後に廃棄される際に環境負荷がかかります。

その点から考えるとデジタルファッションはすべてデジタル上で完結するため製造過程でも、配送ももちろん廃棄の際もゴミが出ません。データとしては一生残るので持続可能なファッションであります。

部屋の収納スペースもとらないということもいい点としてあげられます。

他にも、デジタル上でファッションを楽しむので、体形などを気にせずに自分を表現できることが可能になります。

それに加えて現実世界では実現が難しい奇抜なファッションもデジタルファッションでは楽しめます。

このようにデジタルファッションは現実世界と同じようにファッションを楽しみつつ環境保護ができることができます。

 

デジタルファッションというものの概念はまだ理解しづらいところもありますが、これから先、デジタルネイティブの世代がどんどんこの産業に参入し、デジタルファッションの認知度があがってくると思いました。