「 Cookie 」を使用せずに成功を続けるためのヒント

「 Cookie 」を使用せずに成功を続けるためのヒント - Truestar Consulting Group

「 Cookie 」を使用せずに成功を続けるためのヒント

サードパーティのcookieやデバイスIDに利用がなくなる中で、消費者のプライバシーを保護しながら、高精度のターゲティングを行うことのできるソリューションはあるのでしょうか?

戦略を成功させるためには、市場の認識やソリューションの採用などおおくの変化を理解する必要があります。

信頼、透明性、同意に基づいて構築された消費者中心のソリューションが最も成功し、持続可能であることは明らかです。

また、分析、評価を継続し新たな発見を生むことも重要なことです。

今回の記事ではcookieやデバイス識別子なしで成功する確率のあるアプローチについていくつか考えていきます。

 

パブリッシャーのファーストパーティ データ

パブリッシャーのファーストパーティデータは、大きな可能性を秘めています。

サードパーティのCookieを排除することで、多くのサイト運営者はユーザーとのエンゲージメントを高める強い理由を得ることができ、多くのサイト運営者は、コンテンツへのアクセスやプロモーションなど、何らかの価値と引き換えにデータを共有するようユーザーにインセンティブを与える戦略を採用しています。

直接的な消費者関係を強化し、結果として得られる洞察をメディア購入者にとって意味のあるオーディエンスデータに変換することへの投資は、これを成功させるパブリッシャーにとって差別化要因になります。

自社のデータ指向戦略に全面的に取り組んでいる多くのサイト運営者は、独自のデータが広告エコシステム全体に誤って波及することなく、購入者と協力する方法を検討する必要もあります。

最終的に、効果的な自社データ戦略を備えたサイト運営者は、プロパティでポジティブなユーザーエクスペリエンスを維持し、ユーザーのプライバシーの推薦を尊重しながら、在庫の収益化に成功します。

サイト運営者IDは、サイト運営者のプロパティ全体の頻度を制限し、多くの場合取引を通じて販売されるサイト運営者提供のオーディエンスを促進するために役立ちます。

購入者は、サイト運営者の消費者知識の強みを活用して、関連する広告でオーディエンスにリーチできるというメリットがあります。

コンテキストソリューション

IDベースのソリューションの重要な制限の1つは、拡張性です。

利用可能なソリューションの過多の中で、コンテキストは最も確立され、よく知られています。

多くのソリューションはまだ揺籃期にありますが、パブリッシャーと広告主は、パートナーを通じて提供されるコンテキスト機能を活用してきました。

最近では、多くのパブリッシャーが自社のデータを活用して独自のコンテキストオファリングを提供し始めており、業界全体がさまざまな面で協力して、標準化されたコンテンツとオーディエンスの分類法を調整しています。

Contextualは、単純なキーワード一致ターゲティングから、識別子の使用を避けながら広告結果を促進するための機械学習によって駆動されるマルチシグナル分析に進化しました。

コンテキストソリューションは、コンテンツカテゴリ、キーワード、感情などの様々なコンテキストシグナルを他のユーザーベースのデータで補完して洞察を推定し、関心や購入意向を推測する他のアプローチと並行して使用できます。

コンテキストアプローチは高いリーチを提供し、プライバシーを保護すると広く見なされていますが、周波数の上限や測定のユースケースを解決することはできません。

これが、モデル化された頻度やパブリッシャーのファーストパーティIDオファリングなど、他のソリューションと組み合わせてコンテキストアプローチがよく使用される理由です。

ブラウザ API

ブラウザ API は、クロスサイトターゲティングで効果をもたらす可能性のある最新ソリューションの 1 つです。

これらの提案は、ワールドワイドウェブコンソーシアム(W3C)会議で議論され、githubで公開されたものであり、消費者のプライバシーと匿名性を維持しながら、新しい方法で古典的なマーケティング戦略を可能にすることを目指しています。

彼らは、ブラウザをターゲティングおよびアトリビューションワークフローの中心に配置することでこれを実現しています。

たとえば、フェデレーテッド・ラーニング・オブ・コホート(FLoC) の提案は、閲覧履歴に基づいてユーザーをコホートにグループ化することで機能します。

他にも、ユーザーのブラウザ内に保存された興味グループを作成することによるリターゲティングのユースケースなどがありますが、多くはまだ初期段階にあります。

一部はすでにテストされていますが(FLoCなど)、実用性、有用性、さらにはプライバシー保護の性質についても多くの疑問が残ります。

 

今後は、消費者のプライバシーを保護し、メディアの買い手と売り手が成功するために適切なデータを活用するために、業界として協力することが不可欠です。

サイト運営者とマーケターが独自の優先順位に基づいて意思決定を行えるようにするには、自社および消費者が同意したIDをサポートするための包括的なアプローチに投資する必要があります。

 

参考:Balancing Your Tactics for Post-Cookie Marketing Relevance (adweek.com)