AI、仕事効率化

AIで仕事効率化

  • by

 

今回はAIとマーケティングの関係について話していきたいと思います。

 

AIとは…?

AIと聞いて皆さんは「人工知能」と認識するでしょう。

そんなAIにも実はAGIとANIの2つの種類があります

 

AGI(Artificial General Intelligence)とは人ができることをする汎用人工知能と言うものになります。

ANI(Artificial Narrow Intelligence)とはスマートスピーカーなどの特化型人工知能になります。

私たちの生活に馴染み深いのはこちらのANIになるでしょう。

 

特化型人工知能(ANI)は集積データの中から最適な情報を選択し処理することができる能力を持つAIですが一方で汎用人工知能(AGI)とは未知の情報を推測し処理をする能力を持ったAIです。

つまり今までのAI(ANI)では学習させるための膨大な資料が必要となっていましたがAGIでは自ら情報を収集し学習することができます。

そういった点からANIは幅広く問題解決に役立つことのできるAIとして注目を集めています。

 

 

富士ゼロックスの例

富士ゼロックスでは仕事効率化のためのAIツールを提供しています。

例えばAI-OCRによる高精度な文字認識と、人によるチェックが必要なケースを自動で抜き出す効率的な確認作業の実現によりデータ入力、さらにRPAによりそれらの情報をデータ化することによりより一層の仕事効率化を図ることができるようになります。

 

AIをマーケティングに活用

マーケティング領域におけるAI活用は主に市場分析やニーズの把握に役立てることができます。

それによりマーケターは人間にしかできない独創的なアイディアを考えることに専念できるようになりより一層質の高いコンテンツを作り上げることができるようになるでしょう。

またSEO施策などをすることができるAIなども現在少しずつ開発、浸透してきているので今後はさらに多くの範囲の作業をAIが担うようになっていくかもしれません。