5Gで世の中は大きく変わるのか?

5Gで世の中は大きく変わるのか? - Truestar Consulting Group

5Gで世の中は大きく変わるのか?

5Gは高速化や大容量化などの面で大きな期待を持たれている技術です。

しかし5Gの実現によってどのようなメリットがもたらされるかがよくわからない人も多いはずです。

今回の記事では移動通信システムの歴史、5Gとは?、5Gにより実用化されるかもしれないことに焦点を当ててみていきます。

移動通信システムの発展

1G:1st Generation

1980年代に普及したのが1st Generation。

1Gは、音声を電波に乗る信号に変換して通信するアナログ方式。そのため、機能は音声通話のみ。

通信品質や通信距離にも課題があったため、デジタル方式の技術開発が進みました。

 

2G:2nd Generation

1990年代に普及したのが2nd Generationであり、通信方式がアナログからデジタルへと変化しました。

データ通信が容易になったことで、メールの利用やインターネット回線への接続が可能になりました。

NTTドコモが1999年に発売した「iモード」が2Gの代表的なサービスであり、ほかにも着信メロディや待受画面のダウンロードなどが普及しました。

データ通信が当たり前になったことで、次は高速通信のニーズが高まりました。

 

3G:3rd Generation

2000年代に普及したのが3rd Generationであり、通信速度が2Gに比べて大幅に向上しました。

以前よりもさらに大容量のコンテンツの利用が可能となり、「着うた」のようなプラットフォーム上のサービスが普及しました。

また、3Gは初の国際標準の移動通信システムであり、日本の携帯電話を海外でも使えるようになりました。

 

4G:4th Generation

スマートフォンが急速に普及した2010年代を支えていたのが現在も主に利用されている4th Generationです。

3Gと比べても通信速度が飛躍的に向上したため、快適なインターネット利用のほか、動画のような大容量コンテンツを楽しめるようになりました。

 

 

5Gとは?

5Gは5th Generation」の略称であり、日本語で第5世代移動通信システムと表記されます。

5Gは

① 高速大容量(eMBB:enhanced Mobile Broadband)
② 高信頼・低遅延通信(URLLC:Ultra-Reliable and Low Latency Communications)
③ 多数同時接続(mMTC:massive Machine Type Communication)

の3つを実現します。

 

① 高速大容量(eMBB:enhanced Mobile Broadband)

現在の4Gの20倍の高速化・大容量化したデータ通信であり、20Gbpsの超高速化を実現します。

従来の4Gが1Gbpsであったことを考えるとより快適に素早く情報通信を行うことができるようになることがわかります。

 

② 高信頼・低遅延通信(URLLC:Ultra-Reliable and Low Latency Communications)

これはどのような状況下においても超低速での通信を可能にします。

迅速な通信を必要とする災害時、ラグが事故を引き起こしかねない自動運転技術などへの利用に大きな価値を持ちます。

 

③ 多数同時接続(mMTC:massive Machine Type Communication)

この技術発展はIoTの普及に当たり必要不可欠です。

現在の4Gに比べ10倍の数の端末接続が可能となります。

IoT時代を迎えることで、パソコンやスマートフォンに加えさらに多くの身の回りの機器がインターネットに接続することとなるでしょう。

 

 

5Gにより実現するかもしれない/実現したコト

リアルタイムなVR体験

5Gの低遅延通信はリアルタイムなVR体験には欠かせない技術になります

これまでは、容量の大きいVR映像をリアルタイムでVRゴーグルに送信することは難しかったですが、5Gにより、リアルで、実際にその場にいるかのような没入感を得られます。

 

複数・自由な視点からのスポーツ中継の視聴

さまざまな角度から撮られた映像を合成し、スタジアムの中に実際にいるかのような臨場感でスポーツを観戦できるのです。

複数の視点からの映像を同時視聴が可能になるなど5Gはスポーツ観戦の形を変えつつあります。

 

安全な自動運転

自動運転にとって通信遅延はあってはならないことです。

指示伝達に遅延があった場合、運転操作に遅延が生じ、重大な事故に繋がってしまうおそれがあります。

また自動運転の為には、走行中のデータや周辺の地図情報を送受信することも必要です。

このように自動運転には膨大なデータを送受信する必要があり、5Gの強みが生かされます。

 

効率的な無人農業

5Gは農業分野にも大きな貢献をする可能性があります。

ドローンを用いた生育状況の観察、農業機械の自動運転など必要な情報を統合したりして効率的に農作業を行う「スマート農業」がより

現実的になります。

 

 

参考:5Gとは? 第5世代移動通信システムで実用化でできることを簡単に解説 | モンスターラボ DXブログ (monstar-lab.com)

参考:5Gの実用化でできること10選。最近話題の”5G”って何? – Workship MAGAZINE(ワークシップマガジン) (goworkship.com)

 

・スマート農業に関する記事

将来の食生活を支えられるか?「 スマート農業 」の挑戦と課題 | Truestar Consulting Group (truestar-cg.co.jp)

 

・自動運転に関する記事

「 自動運転車 」が乗っ取られる? | Truestar Consulting Group (truestar-cg.co.jp)