自社ブランドの現状を継続的に把握し
実際の消費者行動をもとにをブランド戦略を構築することが出来ます

市場環境から 自社のブランド状態を確認 - 01

市場における自社ブランドのポジショニングを把握します。
市場ニーズを発見することで、競合他社に真似できない自社のブランド戦略を再構築します。

ブランド浸透状況の確認 - 02

自社の複数のブランドの状況や、消費者行動からブランドの浸透状況を把握します。当初のブランド戦略からどのように設計図が変化しているを俯瞰し、より効果的なブランド戦略を構築・展開します。

ユーザー視点から質的な状況把握 - 03

商品カテゴリーやブランドに対する消費者の意識を探ります。
商品認知から購買後のプロセスの中で変化していく、商品理解度や満足度を把握することで、改善すべき要素を明らかにします。

Brand Service

03A_Brand

市場環境から自社のブランド状態を確認 – 01

・市場における自社ブランドのポジショニングを把握

市場における自社ブランドの立ち位置を把握することで、業界内における競合他社がより明確となり、ブランド戦略策定や課題抽出に役立ちます。
また市場を細分化していくことで、商品サービスの認知度やブランドロイヤルティ向上に向けて、自社の強みを活かして勝てるポジションを取り、競合他社との差別化に向けた自社ブランド戦略を再構築します。

04A_Brand

ブランド浸透状況の確認 – 02

・消費者行動からブランドの浸透状況を把握

消費者の持つブランドイメージや品質に対するイメージを把握し、自社で考えているブランドイメージと消費者の持つブランドイメージとの整合性を測ります。
ブランドの浸透状況を把握することは、認知拡大や購買行動に繋がる示唆を導きます。ひいては企業の業績向上に繋がります。

05A_Brand

ユーザー視点から質的な状況把握 – 03

・ブランドに対する消費者の意識を探る

ブランドに対する行動や意識について、 各商品毎のイメージワードや共感度、満足度など質的観点を把握し、伸ばしていく強味や改善すべき要素を明らかにします。
また広告やタレントに対する意識や態度などから、消費者がブランドに対して抱いている好感度を探ります。それにより広告展開/表現への示唆を得て、消費者意識に効果的な広告戦略を導きます。

FAQ

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Optio, neque qui velit. Magni dolorum quidem ipsam eligendi, totam, facilis laudantium cum accusamus ullam voluptatibus commodi numquam, error, est. Ea, consequatur.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Optio, neque qui velit. Magni dolorum quidem ipsam eligendi, totam, facilis laudantium cum accusamus ullam voluptatibus commodi numquam, error, est. Ea, consequatur.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Optio, neque qui velit. Magni dolorum quidem ipsam eligendi, totam, facilis laudantium cum accusamus ullam voluptatibus commodi numquam, error, est. Ea, consequatur.