近視眼的マーケティング

近視眼的マーケティング - Truestar Consulting Group

近視眼的マーケティング

1960年にハーバード・ビジネス・スクールの経済学者セオドア・レビット氏によって提唱された考え方であり、マーケティング近視眼やマーケティングマイオピアとも呼ばれる。

自社の製品を自分たちで狭く定義づけることで製品の可能性を自ら失わせてしまう現象のこと。

詳しくはこちら

To TopPAGE TOP
✉ お問い合わせ