branding

ブランドとは一体何なのか

マーケティング の 大きな 要素として、ブランディング ( Branding ) が あります。「ブランド」は、生活の中では よく 高級ブランドを指す 言葉 として 使われることが 一般的 ですが、 マーケティング における ブランド / ブランディング とは 何を 表しているか、 明確に 説明することは なかなか 難しい のではない でしょうか。この記事では、そもそも “ブランド” とは 何か、また ブランディング戦略は なぜ 必要 なのか を 説明 していきます。

ブランド は 牧場の牛 から生まれた

元々は ブランド ( brand ) は、英語の 動詞で、「焼き印 を押す」ことを 意味 します。それが、どのようにして 現在 使われているような 名詞 としての「ブランド( 銘柄 )」の意味を 持つように なったのでしょうか。

実は、牧畜農家が 自分が 育てた 牛に、自分の名前 を 焼き印 として押すことで、識別 できるようにしたことが 始まり と言われています。それが きっかけ となり、商品にも 生産者の 名前や マークを 「ブランド( 焼き印 )」するようになりました。

ブランディングの役割

企業や ビジネスが ブランディング戦略 を 行う 目的は、どこに あるのでしょうか。ブランディングは ビジネスの 売り上げに 間接的に、且つ 多面的に 影響します。そこで、ブランドが 売り上げに どのように 影響しているか 踏まえながら、ブランディングの主な 役割と目的に ついて 考えます。

① 顧客の 信頼を得る

世間に 広く知られている 有名な ブランドに 対して、自然と 信頼と 安心を 感じます。

heinz ketchup

例えば、「ハインツケチャップ ( Heinz Ketchup ) 」。名前を 聞いて ピンとくる方は 日本では 少ないかもしれませんが、ロゴマークやパッケージには 見覚えが あるかもしれません。1876 年から アメリカのシカゴで 販売されている ハインツ ケチャップ は、現在 アメリカで 80 %、ヨーロッパで 60 %のシェアを 誇っています。

「ハインツ」という ブランドが、顧客 に 対して その 歴史と 味や 品質の 保証や信頼 になっているのです。

 

② 顧客との コネクション を作る

商品や ビジネスが持つ 雰囲気 や メッセージ、イメージなどに 対して、顧客が 愛着 — コネクション — を感じることで、顧客 が リピーター や ファンになります。そのため、どのような お客さんを ターゲットの 中心にするかを 考えると 同時に、その 顧客層 と つながりを 作るには どのような 雰囲気や イメージを 持った ブランド を 形成 するべきか を 考えます。

disney

人々 との コネクションを つくることを 重視してきた ブランドの代表例が ディズニーです。

特に、ディズニーランド / ディズニーシー など 世界各地 にあるディズニー のテーマパークは、「夢の国」という 世界観 で 人々 を 魅了 しています。 様々な キャラクターの それぞれの個性や ストーリーに コネクション を感じる ファン もいます。

 

 

③ 顧客の自己表現を助ける

ブランドは 顧客にとって、自分の 価値を 周囲に アピール / 表現するための アクセサリー でもあります。例えば、 ロレックス という高級時計 のブランド です。ロレックスという ブランドには その 高級感と 知名度 から、自分 の価値 について 自信が 持てたり、 周りに それを 伝達する という 役割 があります。

このように、 ブランドは 企業 と 顧客の 双方 に とって利点 が あります。ブランドを 作ること は、人格 をつくるようなもので ある、 と言われるように、ブランドとは、商品や サービス、雰囲気、 ロゴ、 イメージカラー、 価値観 などの「様々な 要素の 組み合わせ」である といえます。

ブランディング に関する 記事は こちら