Cookie

Cookie が廃止されても問題ない?

  • by

IDFA ポリシー に関する Apple の宣言 と サードパーティの Cookie を段階的に廃止する という Google の 発表から数か月たった現在、パーソナライズ された ターゲティング の需要に 応じるために 新たな戦略 を考えている人が 多くいます。

 

Cookie や IDFA を利用する 代わりに、 電子メール、 確率的 フィンガープリント などを 利用した、ターゲティングと パーソナライズ方法を 模索 している人もいます。これらの アプローチには 時間が かかる可能性 があり、持続可能な 長期的な 解決策 ではありません。規制の 変更 が続く につれて、 ユーザー はより多くの プライバシー を要求し、 消費者は ますます 小さな グループに なります。

 

しかし、Cookie やその他の 個人情報(PII)が 失われることは、 それほど 悪いこと ではないかもしれません。

実際、 プライバシーを 尊重することが 消費者にとって 正しいことである という 理由 だけでなく、 現代の 広告に 起こり得る 最善の変化 かもしれません。

サードパーティ の消費者 データ を使用する 効率は、 あまりにも 過大評価 されており、効果的な パーソナライズと ターゲティングのための 誤った 安心感 を 生み出しています。 多くの場合、 マーケターが キャンペーンを アクティブ化 するための 情報は、不完全 であり、それらの データ がどのように 導き出されたかさえ 知らないことがあります。

 

これは、信頼できる 透明性 のある プロセスを通じて 取得した場合、 個人情報(PII)が 価値がない ということではありません。

マーケター とパブリッシャー は、ユーザー の価値と 価値の獲得 を一致させるのに 役立つ サブスクリプションなどの ターゲットサービスに 消費者を 移動 させることで、 可能な限り 消費者を 収益化する 必要があります。

サブスクリプション などが ない場合では ユーザーに 少なくとも 登録するように 促すことが 重要です。

そうすれば、 ユーザーの エクスペリエンスを 向上 させながら、 より優れた、 または より関連性の高い パーソナライズ された 広告に 接続 できます。

これには、 価値交換を 明確かつ 簡潔に 表現し、 ユーザーデータ と 引き換えに 高品質で 無料の リソースを 提供するための 高度な アプローチが 必要 です。

 

では、現在 あなたの サービスを 使用しておらず、 あなたが 何も知らない 消費者は どうでしょうか?

成長して 生き残るために、 業界は それらの 潜在的な ユーザーの 価値 を最大化 するための 別の道を 発見する 必要が あります。

 

コンテンツターゲットマーケティングは、通勤中に戦略的に配置された看板を見たり、メールボックスから食事サービスクーポンを引き出したりするたびに表示されます。これらの取り組みは、多くの場合、たとえば、郵便番号、働く可能性のある場所、家族の構成、および支出傾向について示唆していることに基づいています。その手動で制限された性質にもかかわらず、それが効果的であることが証明され続けているので、コンテキストマーケティングは耐えます。

しかし、コンテンツターゲットマーケティングの次のレベルは、消費者がどこにいるかだけでなく、消費者がどのように動いて行動しているかを理解することが重要です。

 

あなたが食料品店にいると想像してみてください。

小麦粉と砂糖をカートに入れて、冷蔵セクションで卵のカートンを探します。

これらの動きに基づいて、食料品店がケーキを焼く可能性があることを理解することで、その瞬間に広告を再配置できるとしたらどうでしょうか。

突然、ミルクとバターが表示されます。

 

このシナリオでは、食料品店は必ずしもあなたやあなたの個人的な履歴について何も知らないことに注意してください。

代わりに、彼らはあなたがしていることに基づいてあなたの好みや意図について知識に基づいた決定を下しています。

ストアが意図したパスを認識したら、この適応されたターゲットを絞ったエクスペリエンスの利便性を活用できます。

 

これは実店舗では不可能ですが、仮想環境では実現可能です。

サイトを介したユーザーナビゲーションを追跡することにより、エクスペリエンスを調整して広告とコンテンツを最適化できます。

マーケターはまた、AIを利用して、ユーザーの感情とインタラクションのコンテキストを評価し、ユーザーが何を望んでいるかをよりよく理解し、強化されたエクスペリエンスとより関連性の高い広告をキュレートすることができます。

最良の部分は、妥当性が疑わしいサードパーティのデータに依存するのではなく、これらの決定が発生したユーザーのアクションに基づいていることです。

正しく実行されれば、この技術主導のコンテキストアプローチは、消費者とブランドのエクスペリエンスを大幅に改善する可能性があります。 マーケティング業界は、データ交換に関する透明性、プライバシー、および確実性を向上させる方法を決定する必要があります。

 

 

参考記事:No Cookies? Not a Problem When You Put a Contextual Marketing Strategy in Place (adweek.com)

 

Cookieについてはこちらの記事もご覧ください。