ターゲティング

ターゲティングの6R

  • by
タグ:

今回はターゲティングを正しく進めるために必要になる6個のRをご紹介したいと思います。

実際に6つのRを見る前にターゲティングの重要性を考えてみましょう。

まずターゲティングとは自社のプロダクトに対して最も意欲的にかかわってくれそうな人々を見つけ出し、企業側はそういった層の人々に向けてプロダクトを発信していきます。このターゲティングを正しく行うことができないとプロダクトを正しく層に対して訴求できない、つまり予想していた利益を生み出すことができない可能性が出てきます。

 

ターゲティングは正しく行えばその後の収支予測を立てやすくなるなどメリットが多くあります。

では実際に6つのRを見ていきましょう。

 

Realistic Scale

市場の規模は適切か?

市場が大きければ大きいほど多大な将来性が見える様ですが、市場を拡大しすぎることは競合プレイヤーが増加することを示しています。逆に市場を狭めすぎると利益性のあるビジネスを行うことが難しくなります。ここではビジネスが成立する最低限度の顧客を獲得できる市場規模を設定することが必要になってきます。

 

Rival

競合にはどのようなプレーヤーがいるか?

新規開拓をする場合はブルーオーシャン、つまり未開拓の市場を見つけ出すことが好ましいです。レッドオーシャンを選択してしまうとビジネスの立ち上げと同時に多くのライバルと競合しなければいけなくなります。

Rate of Growth

成長の可能性はあるのか?

成長する可能性のある市場ならば今後の利益向上などの見込みを考慮してビジネスを運用していくことができます。一方で、市場が衰退している場合は利益を生み出す見込みが立てられないことが多いため市場参入を控えることが賢明でしょう。

Rank / Ripple Effect

ターゲティングした層は波及効果、影響力を持つ層か?

波及効果、影響力のある層をターゲットとして持つことで、口コミやマスコミからの注目を得ることができるかもしれません。これによりビジネスの知名度を素早く広めることが期待できます。

Reach

ターゲットに対して確実にリーチすることができるかどうか?

物理的な距離、宣伝などの訴求はしっかりとターゲットに届いているでしょうか?ここでは様々な側面において確実にリーチすることができる層をターゲットにすることが非常に重要です。さらに、リーチさせるために適切な手段を選択することが重要です。

Response

ターゲットのレスポンスは可視化出来るでしょうか?
可視化することができればその反応を考慮してその後の改善を行うことができます。

 

 

ターゲティングを行う際にはこの6つのRをバランスよく取り入れることが非常に重要になります。

それぞれの指標に対して適切な目標値を設定することはその後のビジネスの予測を適切に立てることを可能にします。