2020年注目するべきAdTech

X-Tech(クロステック)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?Xは「未知数」という意味があり、何かを当てはめる〇〇と同じ意味を持ちます。X-Techは〇〇業界のIT化のことを指し、FinTech(金融のIT化)、 EdTech(教育のIT化)、 AgriTech(農業のIT化)などが近年注目されています。その中で、AdTechとは、広告業界のIT化のことです。テクノロジーを活用することで、より効果的な広告が行われるようになっています。

2020年テクノロジー業界の動向

2020年のAdTechの背景には、3つの動向があります。一つは、急速なAIの発達です。今では、エアコンや冷蔵庫などの家電製品にも組み込まれているAIの技術は、以前より簡単に活用できるようになっています。二つ目は、個人情報の取り扱うに関する規制です。企業が取り扱う顧客やユーザーの個人情報管理が以前にも増して問題視されるようになりました。そのきっかけが、2018年にEUで一般データ保護規制(GDPR)という新たな個人情報の取り扱いに関する規制が施行されたことにあります。規制によって、EUの国々では企業が個人情報の徹底管理が求められるだけでなく、本人の同意なしに無闇に個人情報を収集したり、トラッキングしたりすることができなくなりました。そして、2020年は世界でコロナウイルスが蔓延し、パンデミックが起きた年となりました。様々な企業が破産に追い込まれ、世界中で経済が停滞しています。パンデミックによる不景気への恐れがテクノロジー業界にも影響を及ぼしています。

いま注目するべきAdTech

オムニチャネル・マーケティング

オムニチャネルとは、オフラインとオンライン、また間接的なチャネルのすべてを連携させることを意味します。マーケティングにおいてオムニチャネルは、様々なチャネルを連携させることで、人々に一貫性のある顧客体験を提供することです。広告とマーケティングテクノロジーを組み合わせることで、広告を行うプラットフォームが増え、ベンダー頼る必要性を減らすことができます。また、企業内でそれぞれの部署が同じようにマーケティングデータにアクセスできるようになり、効率化が期待できます。

しかし、オムニチャネルを形成することは、膨大なデータを処理し、まとめることが重要になります。その際に、複数の媒体から集められるデータを適切に管理する能力と責任が大きな課題となります。それから、それを行うために高い費用が必要となる可能性も注意しなければなりません。

コンテクスチュアル・インテリジェンス(Contextual Intelligence)

コンテクスチュアル・インテリジェンスは日本語で「背景的知性」と訳されますが、AIを応用した技術の一つです。先ほどお話しした、個人情報の取り扱いの規制強化と強い関係があります。GDPRによって、企業が個人のインターネットでの行動を本人の同意なしにトラッキングすることが規制されるようになりました。Web広告では、個人個人の興味関心のある広告を表示するために、データを集めることが必要不可欠でした。コンテクスチュアル・インテリジェンスは、ユーザーの検索履歴などのデータを必要とせず、開くWebページの内容(コンテクスト)に基づいて表示する広告が決めます。これは、機械学習と自然言語処理によって実行されます。

このような最先端のテクノロジーを活用したマーケティングツールが次々と生まれています。世界的パンデミックの中、社会に様々なイノベーションが起こりつつあります。そのチャンスを逃さないために、このような新しいテクノロジーの動向に敏感でいることが大切です。

参考:AdAge “What marketers need to know about AdTech in 2020” (https://adage.com/article/industry-insights/what-marketers-need-know-about-ad-tech-2020/2273141)